リモートワーク人材事業を展開する株式会社キャスターが総額約3.6億円の資金調達を実施

リモートワークを中心とした人材事業を展開する株式会社キャスターは、Gunosy Capital Pte. Ltd.と​SMBCベンチャーキャピタル4号投資事業有限責任組合からの第三者割当増資などによって、総額約3.6億円の資金調達を実現しました。

リモートワーク人材事業を展開する株式会社キャスターの概要

株式会社キャスターは、「リモートワークを当たり前にする」をミッションに掲げる人材事業の会社です。

メイン事業は、オンラインアシスタントサービス「CASTER BIZ(キャスタービズ)」です。

CASTER BIZ(キャスタービズ)とは

株式会社キャスターが採用したオンラインアシスタントが、遠隔(リモート)で、秘書・人事・経理・WEBサイト運用・オフライン業務を行ってくれるリモートワークの外注サービスのこと

を言います。

CASTER BIZ(キャスタービズ)とは
対応可能業務
  • リサーチ業務
  • メール対応業務
  • スケジュール調整業務
  • 電話対応業務
  • 受電代行業務
  • データ入力・データ整備業務
  • 翻訳・バイリンガル業務
  • 文字起こし業務
  • その他秘書業務
  • 人事業務
  • 経理業務
  • WEB業務
  • 制作業務
  • オフライン対応可能業務
  • その他オフライン業務
料金体系
料金体系
  • 3ヶ月プラン:¥120,000/1ヶ月
  • 6ヶ月プラン:¥108,000/1ヶ月
  • 12ヶ月プラン:¥96,000/1ヶ月

このリモートワークの外注事業をメイン事業として

  • リモートワーカーの派遣サービス「在宅派遣」
  • 副業・時短・在宅など新しい働き方に特化した求人サイト「Reworker」
  • オンライン採用代行サービス「Caster Recruiting」
  • SNSを利用したソーシャル募集サービス「bosyu」
  • 個人が日常業務を500円からオンラインアシスタントに依頼できる「My Assistant」
  • クラウド型デスクトップ仮想化サービス「Caster Entry」
    ・・・

など、様々なリモートワーク関連事業を展開している会社です。

株式会社キャスターの資金調達の概要

  • 2016年8月:大和企業投資から1億円の資金調達
  • 2017年12月:WiL・や既存株主から3億円の資金調達

を実施しています。

今回は、Gunosy Capital Pte. Ltd.、SMBCベンチャーキャピタル4号投資事業有限責任組合から総額約3.6億円の資金調達を行っています。

  • 主な資金調達方法:第三者割当増資
  • 資金調達額:約3.6億円
  • 調達日:2019年5月8日
  • 調達元(引受先):Gunosy Capital Pte. Ltd.、SMBCベンチャーキャピタル4号投資事業有限責任組合
  • 資金の使い道
    • さらなる採用強化に向けた投資
    • 法人向けマーケティングを強化し、認知度の拡大を図る

Gunosy Capital Pte. Ltd.

シンガポール共和国にあるベンチャーキャピタル
親会社はグノシーを展開する株式会社Gunosy

SMBCベンチャーキャピタル4号投資事業有限責任組合

2010年度以降、累計500件超・300億円超の投資を行ってSMBCグループのVC

リモートワーク人材事業を展開する株式会社キャスターの資金調達の考察

人材不足から人材の採用難が深刻化していると同時に、リモートワークの重要度は日増しに高まっています。中小企業には、優秀な人材が集まらない反面、子育てや介護などで仕事を辞めた優秀な人材が地方に多くいるのが現状です。

このような背景の中で、累計1,000社以上の導入企業を誇る株式会社キャスターが有望な出資先になっていると考えられます。

調達資金は

「この度の資金調達は、クライアントからのご要望にお応えすべく、さらなる採用強化に向けた投資を行っていくほか、法人向けマーケティングを強化し、認知度の拡大をはかります。」

となっています。

リモートワーク市場の拡大に伴い、リモートワーク市場のあらゆる事業分野にスピードをもって、展開していくための資金調達であると考えられます。

リモートワークを希望する人材の数と、利用する法人の数がマッチしていないとロスが発生するため、法人向けのマーケティングに力を入れるということは、「利用する法人の数を増やしたい」「リモートワークを希望する人材は多い」ということを示しているのではないでしょうか。

クラウドワークスやランサーズとの違いは「自社で採用する優秀なアシスタント」であることですから、人材の質を落とさずリピーターが増えれば、今後伸びていく可能性が高い注目の企業と言えます。


注目の資金調達方法

資金調達

資金調達方法には何がある?資金調達方法31種類のメリットデメリット

資金調達方法の種類を徹底網羅して解説しています。資金調達方法は、思っている以上に多くの種類があり、資金調達方法ごとにメリットデメリットが存在します。中小企業であっても、使える資金調達方法は多くあるので、まずは「どのような資金調達方法があるのか?」把握することをおすすめします。資金調達の選択肢を知ったうえで、メリットデメリットを確認し、自社の状況に合わせた資金調達方法を選びましょう。

銀行融資

銀行融資のすべて。銀行融資を成功に導く申込方法・融資の引き出し方・交渉方法と銀行融資審査

銀行融資は、資金調達の基本中の基本です。そのわりに「銀行からどうやって融資を引き出すのか?」「銀行融資の審査は何を審査しているのか?」「銀行の融資担当者と交渉するときはどうすれば良いのか?」正確に理解している中小企業の経営者はほとんどいないのが現状です。銀行を味方につけることで、企業の資金繰りは何倍も楽になり、会社規模を成長させることができるのです。

ビジネスローン

ビジネスローンを活用した資金調達方法のすべて/130社比較・即日融資・無担保・審査

ビジネスローンは、以前は銀行ビジネスローンが主流でしたが、銀行は貸し倒れの増加に伴いビジネスローンの提供に対してかなり消極的になっています。現時点ではビジネスローンは、大手消費者金融が提供するローンサービスであり、銀行融資よりも、「審査が甘い」「即日融資が可能」という点で中小企業の経営者に重宝される資金調達方法となっています。金利が高いなどのデメリットもあるため、短期の資金繰りを乗り切るための選択肢として考えましょう。

ファクタリング

ファクタリングとは?融資審査に通らない方のための資金調達方法

ファクタリングは、売掛債権を譲渡することで早期に資金化する資金調達方法のことを言います。ファクタリングの場合は、審査対象が資金が必要な会社ではなく、売掛先になります。そのため、銀行融資やビジネスローンよりも、売掛先の信用力が高ければ審査に通りやすいメリットがあります。その上、ファクタリングは「債権の譲渡」でしかないため「借入」として決算書に掲載されないので、今後の銀行取引にもマイナスの影響がありません。

不動産担保ローン

不動産担保ローンを活用した資金調達方法のすべて。審査や金利、借り換え方法を比較

不動産担保ローンは、文字通り、土地、マンション、ビル、店舗、工場、戸建てなどの不動産を担保に資金を調達する資金調達方法のことを言います。無担保のビジネスローンと比較すると担保がある分、「高額な借り入れが可能」「数十年単位の長期間の借り入れが可能」「審査が通りやすい」というメリットがあります。ただし、返済できなければ担保である不動産を失ってしまうというデメリットもあるので注意が必要です。


資金調達「無料診断」/10秒簡単登録

返済不要の助成金獲得/無料診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

資金調達のコンサルティング、資金調達のサポート事業を行っています。銀行融資から、担保融資、ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングまで、様々な資金調達方法を紹介し、資金繰りの改善をお手伝いしています。実際に私が経営している会社でも、様々な方法で資金調達を実現させました。