銀行融資の審査で銀行に提出する必要書類

銀行は融資審査をする際にいろいろな書類の提出を求めます。書類に基づいて審査をするためです。今回は「銀行融資の審査で銀行に提出する必要書類」について解説します。

銀行が企業に提出を要求する必要書類

  • 印鑑証明書
  • 登記簿謄本
  • 許認可証
  • 会社案内
  • 役員名簿
  • 株主名簿
  • 決算書
  • 試算表
  • 納税証明書
  • 資金繰り表
  • 事業計画書
  • 設備資金などの見積書、契約書

保証人が必要な場合

  • 保証人の確認書類、印鑑証明書、資産の確認資料など

不動産担保が必要な場合

  • 不動産の登記簿謄本、公図、建築図面など

があります。

銀行は必要書類で何をチェックするのか?

企業の存在を確認する書類

  • 印鑑証明書
  • 登記簿謄本
  • 許認可証
  • 会社案内

融資をしようとしても、その会社が登記していない企業であったり、許認可を得ていない企業であったり、別の会社の名前を名乗っていたり、色々なケースで「だましてお金を借りようとする方」もいるのです。

存在していない会社に融資をしてしまったら、お金の回収はできなくなってしまいます。これを回避するために謄本や印鑑証明、会社案内などをチェックするのです。

資本関係、役員、株主を確認する書類

  • 役員名簿
  • 株主名簿

融資では、資本関係もひとつの検討事項になります。親会社が大企業であれば万が一のときも親会社の支援が受けられるからです。

また、銀行は反社会勢力と関係している会社とは取引をしません。役員や株主に問題になる方がいないのか?チェックする書類でもあるのです。

納税を確認する書類

  • 納税証明書

経営が悪化して滞納をした場合に、取り立てようとしても、税務署の方が先に差し押さえなどをすることができるのです。また、納税をしていない企業というのは資金繰りに苦慮しているという判断になります。納税の確認というのは審査でも重要なポイントのひとつなのです。

稟議書作成で利用する書類

  • 決算書
  • 試算表
  • 資金繰り表
  • 事業計画書

決算書や資金繰り表、事業計画書などは主に稟議書を作成するにあたって、経営状況を知るための重要な資料になります。この書類が融資審査で重要なウェイトを占めるのは言うまでもありません。

資金使途の確認書類

  • 設備資金の見積書、契約書

設備投資のための融資の場合は、資金使途は設備資金ということになります。「本当にその設備にその金額が必要なのかどうか?」をチェックするために見積書や契約書が必要になるのです。

保証人が必要な場合の資料

  • 本人確認書類
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 財産の状況を把握する資料

保証人としての返済能力や保証人の実在を確認するための書類です。保証人が不要な場合は必要ありません。

担保が必要な場合の資料

  • 担保の確認資料(売掛債権担保なら売掛債権の金額や取引の事実を確認する契約書など)
  • 担保の所有権の確認資料(不動産の場合は不動産等の登記簿謄本など)

担保がどのくらいの価値があるのか?担保は本当に会社に所有権があるのか?を確認する必要があるので、担保が必要な場合は上記の書類が必要になります。

書類に問題があれば審査は打ち切られる可能性もある

銀行は書類を元に審査をするのですから、必要書類がそろわない場合には融資審査自体が打ち切りになる可能性があります。

また、書類が偽造されたものであったり、おかしな記述がある場合も、審査が打ち切りになったり、詳細な調査が行われることになります。

融資審査を有利にするために書類提出で心がけるべきこと

速やかに提出する

書類提出に時間がかかりすぎてしまえば、そもそも資金調達や融資に対して積極的じゃない企業とみなされてしまいます。担当書も、後回しにしてしまうのです。要求された書類は速やかに提出すべきです。

求められていなくても、融資が有利になる書類は積極的に提示する

銀行に求められていない書類を提出することに問題はありません。審査が有利になる自社をアピールできる書類があるのであれば、積極的に提出していきましょう。

まとめ

銀行融資では、提出した書類に基づいて稟議書が作成され、審査が行われるのです。

書類提出時から審査がはじまっていると考えて良いでしょう。

速やか、かつ積極的に書類の提出をして、担当者から好意的な稟議を書いてもらえるように努力する必要があります。


注目の資金調達方法

資金調達

資金調達方法には何がある?資金調達方法31種類のメリットデメリット

資金調達方法の種類を徹底網羅して解説しています。資金調達方法は、思っている以上に多くの種類があり、資金調達方法ごとにメリットデメリットが存在します。中小企業であっても、使える資金調達方法は多くあるので、まずは「どのような資金調達方法があるのか?」把握することをおすすめします。資金調達の選択肢を知ったうえで、メリットデメリットを確認し、自社の状況に合わせた資金調達方法を選びましょう。

銀行融資

銀行融資のすべて。銀行融資を成功に導く申込方法・融資の引き出し方・交渉方法と銀行融資審査

銀行融資は、資金調達の基本中の基本です。そのわりに「銀行からどうやって融資を引き出すのか?」「銀行融資の審査は何を審査しているのか?」「銀行の融資担当者と交渉するときはどうすれば良いのか?」正確に理解している中小企業の経営者はほとんどいないのが現状です。銀行を味方につけることで、企業の資金繰りは何倍も楽になり、会社規模を成長させることができるのです。

ビジネスローン

ビジネスローンを活用した資金調達方法のすべて/130社比較・即日融資・無担保・審査

ビジネスローンは、以前は銀行ビジネスローンが主流でしたが、銀行は貸し倒れの増加に伴いビジネスローンの提供に対してかなり消極的になっています。現時点ではビジネスローンは、大手消費者金融が提供するローンサービスであり、銀行融資よりも、「審査が甘い」「即日融資が可能」という点で中小企業の経営者に重宝される資金調達方法となっています。金利が高いなどのデメリットもあるため、短期の資金繰りを乗り切るための選択肢として考えましょう。

ファクタリング

ファクタリングとは?融資審査に通らない方のための資金調達方法

ファクタリングは、売掛債権を譲渡することで早期に資金化する資金調達方法のことを言います。ファクタリングの場合は、審査対象が資金が必要な会社ではなく、売掛先になります。そのため、銀行融資やビジネスローンよりも、売掛先の信用力が高ければ審査に通りやすいメリットがあります。その上、ファクタリングは「債権の譲渡」でしかないため「借入」として決算書に掲載されないので、今後の銀行取引にもマイナスの影響がありません。

不動産担保ローン

不動産担保ローンを活用した資金調達方法のすべて。審査や金利、借り換え方法を比較

不動産担保ローンは、文字通り、土地、マンション、ビル、店舗、工場、戸建てなどの不動産を担保に資金を調達する資金調達方法のことを言います。無担保のビジネスローンと比較すると担保がある分、「高額な借り入れが可能」「数十年単位の長期間の借り入れが可能」「審査が通りやすい」というメリットがあります。ただし、返済できなければ担保である不動産を失ってしまうというデメリットもあるので注意が必要です。


資金調達「無料診断」/10秒簡単登録

返済不要の助成金獲得/無料診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

資金調達のコンサルティング、資金調達のサポート事業を行っています。銀行融資から、担保融資、ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングまで、様々な資金調達方法を紹介し、資金繰りの改善をお手伝いしています。実際に私が経営している会社でも、様々な方法で資金調達を実現させました。