銀行融資の審査で銀行がチェックするポイント

銀行融資の審査で銀行はどのような点をチェックするのでしょうか?今回は「銀行融資の審査で銀行がチェックするポイント」について解説します。

1.希望借入額

「いくら借りたいのか?」がわからなければ、銀行側も審査のしようがありません。

「うちなら、いくら借りれますかね?」と聞いてくる経営も多くいますが、これは銀行融資に対する認識自体が間違っています。

銀行は無条件に企業に対して枠を与えるというものではないからです。

銀行が知りたいのは「何に使うためにいくら必要なのか?」という視点なのです。

逆に言えば、明確に希望額とその必要性を説明できなければ、融資審査は通らないということになります。

  • 過去の資金繰り表とPLを元に6か月分の運転資金として○○円がいつまでに必要です。
  • 設備投資による売上上昇の計画、設備の見積書などを元に○○円がいつまでに必要です。

という明確なプランと金額が必要になります。

2.希望借入時期

「いつまでに資金が必要なのか?」はほとんどの経営者は理解しているはずです。

運転資金であれば、給料や取引先の支払日までに必要でしょうし
設備投資資金であれば、設備の販売会社への支払いの期日までに必要ということになります。

資金繰り表や支払い予定表などの資料と一緒に説明するべきです。

また、万が一融資の審査が通らなかった場合には、他の資金調達方法を検討しなければなりません。

そのためには回答希望日も指定しておくべきなのです。無理のない範囲で「○○日までに回答をお願いしたい。」と伝えましょう。これは失礼なことでもなんでもありません。

3.資金使途

資金使途は「何に使うのか?」という意味です。

資金使途、希望借入額、希望借入時期はセットにしてプレゼンテーションするべきものです。

6か月分の運転資金に使うので
1500万円の資金が
○月末日までに必要です。

という流れになります。

銀行が使い道がわからないお金を貸すことはないのです。

資金繰り表や設備の見積書など、上記を説明するために必要な資料を元に資金使途、希望借入額、希望借入時期を説明する必要があります。

4.返済財源

返済財源は「どうやって返すか?」です。

融資審査では非常に重要度の高い項目になります。銀行は貸し倒れを極端に嫌うため、返済財源を明確に提示できるか?どうか?で審査の結果というのは大きく変わってくるのです。

返済財源は

  • 将来の利益
  • 将来の資金調達
  • 予定されている売掛金の入金

などになります。

将来の利益で返済する、将来の資金調達で返済するという場合には、事業計画書や将来のPLなど具体的な計画が必要になります。無謀な事業計画では意味がなく、あくまでも現在の延長線上にある確実度の高い事業計画で返済財源の確保をアピールする必要があるのです。

予定されている売掛金の入金の場合は、かなり明確な返済財源ということになるので、売掛金の証拠となる資料(発注書、見積書、請求書、契約書など)を提出して銀行に説明する必要があります。

5.担保、保証人

銀行は貸し倒れを嫌います。

万が一、返済財源の提示があっても、返済ができない場合には担保や保証人の返済によって、貸し倒れを回避するのです。

担保や第三者の保証人がいれば、融資審査が通りやすくなるのは間違えありません。
経営者個人が法人に対する融資の連帯保証人になるのは、避けられません。

ただし、担保や第三者保証人はこちらから提示する必要はありません。

審査の評価があと少し不足していて、審査が通らないという結果が出た場合に

銀行の方から

「担保や第三者の保証人が用意できるのであれば、審査が通せます。」

というような依頼が来ます。

銀行側の依頼があってから、担保や第三者の保証人は検討すれば良いのです。これは、こちらから説明するべき他のチェックポイントとは大きく違うところなので、注意が必要です。

6.企業の業績

決算書は融資の必要書類として提出しますが、決算書の数字だけで事業の全容がわかるわけがありません。

  • 事業別の売上構成、利益率、その推移
  • 商品別の売上構成、利益率、その推移
  • 売上に直結するプロセス指標の推移
  • 売上減少の理由と対策
  • コストアップの理由と対策
  • 利益減少の理由と対策

適切な資料と説明をすることで、利益が減っていたとしても

稟議書の中で

「決算書では直近2ヶ月の利益が減っていますが、これは季節要因であり、売上のベースとなる会員数は着実に増加しています。」

とフォローしてくれる可能性が高いのです。

書類を提出することが融資審査に通るポイントなのではなく、銀行の融資担当者に正確に事業の内容と事業計画を理解してもらうことが融資審査に通るポイントなのです。

「決算書を提出したから業績については説明は終わっている」と考えてはいけません。

まとめ

銀行が融資審査でチェックするポイントは

  1. いくら必要か?
  2. いつまでに必要か?
  3. 何に使うのか?
  4. どうやって返済するのか?
  5. 担保、第三者の保証人はいるか?
  6. 直近の業績はどうなのか?

です。

銀行は、このポイントを「確実に回収できるのか?」「将来性のある企業なのか?」という視点でチェックしているのです。

  • 適切な資料の提示
  • 明確なプレゼンテーション
  • 具体性のある計画

が重要になります。


注目の資金調達方法

資金調達

資金調達方法には何がある?資金調達方法31種類のメリットデメリット

資金調達方法の種類を徹底網羅して解説しています。資金調達方法は、思っている以上に多くの種類があり、資金調達方法ごとにメリットデメリットが存在します。中小企業であっても、使える資金調達方法は多くあるので、まずは「どのような資金調達方法があるのか?」把握することをおすすめします。資金調達の選択肢を知ったうえで、メリットデメリットを確認し、自社の状況に合わせた資金調達方法を選びましょう。

銀行融資

銀行融資のすべて。銀行融資を成功に導く申込方法・融資の引き出し方・交渉方法と銀行融資審査

銀行融資は、資金調達の基本中の基本です。そのわりに「銀行からどうやって融資を引き出すのか?」「銀行融資の審査は何を審査しているのか?」「銀行の融資担当者と交渉するときはどうすれば良いのか?」正確に理解している中小企業の経営者はほとんどいないのが現状です。銀行を味方につけることで、企業の資金繰りは何倍も楽になり、会社規模を成長させることができるのです。

ビジネスローン

ビジネスローンを活用した資金調達方法のすべて/130社比較・即日融資・無担保・審査

ビジネスローンは、以前は銀行ビジネスローンが主流でしたが、銀行は貸し倒れの増加に伴いビジネスローンの提供に対してかなり消極的になっています。現時点ではビジネスローンは、大手消費者金融が提供するローンサービスであり、銀行融資よりも、「審査が甘い」「即日融資が可能」という点で中小企業の経営者に重宝される資金調達方法となっています。金利が高いなどのデメリットもあるため、短期の資金繰りを乗り切るための選択肢として考えましょう。

ファクタリング

ファクタリングとは?融資審査に通らない方のための資金調達方法

ファクタリングは、売掛債権を譲渡することで早期に資金化する資金調達方法のことを言います。ファクタリングの場合は、審査対象が資金が必要な会社ではなく、売掛先になります。そのため、銀行融資やビジネスローンよりも、売掛先の信用力が高ければ審査に通りやすいメリットがあります。その上、ファクタリングは「債権の譲渡」でしかないため「借入」として決算書に掲載されないので、今後の銀行取引にもマイナスの影響がありません。

不動産担保ローン

不動産担保ローンを活用した資金調達方法のすべて。審査や金利、借り換え方法を比較

不動産担保ローンは、文字通り、土地、マンション、ビル、店舗、工場、戸建てなどの不動産を担保に資金を調達する資金調達方法のことを言います。無担保のビジネスローンと比較すると担保がある分、「高額な借り入れが可能」「数十年単位の長期間の借り入れが可能」「審査が通りやすい」というメリットがあります。ただし、返済できなければ担保である不動産を失ってしまうというデメリットもあるので注意が必要です。


資金調達「無料診断」/10秒簡単登録

返済不要の助成金獲得/無料診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

資金調達のコンサルティング、資金調達のサポート事業を行っています。銀行融資から、担保融資、ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングまで、様々な資金調達方法を紹介し、資金繰りの改善をお手伝いしています。実際に私が経営している会社でも、様々な方法で資金調達を実現させました。