保証人とは?保証人が必要なケース

銀行融資やビジネスローンなどの資金調達を利用する際には保証人を求められるケースがあります。今回は「保証人とは?保証人が必要なケース」について解説します。

保証人とは?

民法:446条

保証人とは、主たる債務者がその債務を履行しない場合に、その履行をなす債務(保証債務)を負う者をいう

とあります。

もっと、噛み砕いて資金調達のケースで説明すると

融資を受けた企業が返済できなかった場合に、残りの借金を代わりに返済する責任を持つ人のこと

です。

民法:452条、453条

保証人には催告の抗弁権と検索の抗弁権が与えられる。

とあります。

これは保証人が債権者に支払いを要求されたときに

  • 催告の抗弁権 → 「先に借りた人に返済を請求してよ。」という権利
  • 検索の抗弁権 → 「先に借りたの財産を処分して返済してから、返済を請求してよ。」という権利

を持つということを意味しているのです。

しかし、この権利を持たない「連帯保証人」というものがあります。

連帯保証人とは?

民法:454条

連帯保証人には、催告の抗弁権と検索の抗弁権はなく、事実上債務者と全く同じ義務を負う。

とあります。

例えば

銀行が500万円をA社に融資し、Bさんが保証人になりました。

Bさんが保証人のケース

Bさんは残っている残債250万円の支払いをいきなり銀行から要求されてしまいました。

「ちょっと待って、A社はまだ財産もあるし、返済もできる状態なんだから、私に返済を要求する前にA社からきちんと回収して、残債を減らしてよ。」

と要求することができます。

Bさんが連帯保証人のケース

Bさんは残っている残債250万円の支払いをいきなり銀行から要求されてしまいました。

「ちょっと待って、A社はまだ財産もあるし、返済もできる状態なんだから、私に返済を要求する前にA社からきちんと回収して、残債を減らしてよ。」

と要求することはできません。返済を請求されたら、連帯保証人はそれに従って返済しなければならないのです。

「事実上債務者と全く同じ義務を負う。」というのは、こういうことを意味しているのです。

責任の重さは

連帯保証人 > 保証人

なのです。

保証人が必要なケース

1.企業が融資を受けるときに代表者の連帯保証が必要

銀行融資にしろ、ビジネスローンにしろ、中小企業(法人)が金融機関から融資を受ける際には必ず法人経営者が連帯保証人になることを求められます。

法人というのは「法人格」を持っており、仮に「法人への融資」だけで代表者の連帯保証を取らなかった場合には

「会社(法人)の経営が上手くいかなくなったら潰しちゃえば借金はチャラになるんでしょ。俺は個人だから関係ないね。」

と考える経営者が増えてしまいます。

このような考え方で会社経営されてしまうと、金融機関は貸し倒れリスクが怖くて融資を一切することができなくなってしまいます。

そのため、中小企業への融資の際には

経営者を連帯保証人にする

のが一般的なのです。

上場企業等、株主と経営者が分離されている場合は金融機関から連帯保証人を求められないことが多いです。

また、信用保証協会の融資商品の中には完全に保証人なしで利用できるものも一部あります。

「保証人なし」を謳っているビジネスローンも、「第三者保証人なし=代表者の連帯保証は必要」となっているので注意が必要です。

2.信用力の評価が低く、保証人を立てなければ融資ができないケース

融資審査で十分な信用力があると判断されれば、代表者の連帯保証だけで十分に融資が可能です。

しかし、

  • 信用力が低い
  • 担保も用意できない

という場合には

代表者以外の「関係者の保証人」「第三者の保証人」を金融機関が要求してくることがあります。

「関係者の保証人」とは

  • 役員
  • 従業員
  • 同じ生計で暮らしている家族

「第三者の保証人」とは

  • 別の生計で暮らしている家族
  • 友人
  • 知人

です。

保証人の信用力の評価としては

「関係者の保証人」 < 「第三者の保証人」

となります。

「関係者の保証人」は会社が倒産すると同時に収入を失うため、返済力が亡くなってしまう可能性が高いからです。

まとめ

企業が銀行やノンバンクから、融資を受ける際にはほぼ必ず代表者は連帯保証人になる必要があるのです。

それでも融資の審査が通らない場合に「関係者の保証人」「第三者の保証人」を要求されるケースがあります。しかしながら、「保証人になる」というのは大きなリスクを伴いますので、経営者の方はできるだけ自分以外の保証人は不要な形で金融機関と交渉することをおすすめします。自分の人生ならまだしも、人の人生を狂わせてしまうリスクがあるからです。


注目の資金調達方法

資金調達

資金調達方法には何がある?資金調達方法31種類のメリットデメリット

資金調達方法の種類を徹底網羅して解説しています。資金調達方法は、思っている以上に多くの種類があり、資金調達方法ごとにメリットデメリットが存在します。中小企業であっても、使える資金調達方法は多くあるので、まずは「どのような資金調達方法があるのか?」把握することをおすすめします。資金調達の選択肢を知ったうえで、メリットデメリットを確認し、自社の状況に合わせた資金調達方法を選びましょう。

銀行融資

銀行融資のすべて。銀行融資を成功に導く申込方法・融資の引き出し方・交渉方法と銀行融資審査

銀行融資は、資金調達の基本中の基本です。そのわりに「銀行からどうやって融資を引き出すのか?」「銀行融資の審査は何を審査しているのか?」「銀行の融資担当者と交渉するときはどうすれば良いのか?」正確に理解している中小企業の経営者はほとんどいないのが現状です。銀行を味方につけることで、企業の資金繰りは何倍も楽になり、会社規模を成長させることができるのです。

ビジネスローン

ビジネスローンを活用した資金調達方法のすべて/130社比較・即日融資・無担保・審査

ビジネスローンは、以前は銀行ビジネスローンが主流でしたが、銀行は貸し倒れの増加に伴いビジネスローンの提供に対してかなり消極的になっています。現時点ではビジネスローンは、大手消費者金融が提供するローンサービスであり、銀行融資よりも、「審査が甘い」「即日融資が可能」という点で中小企業の経営者に重宝される資金調達方法となっています。金利が高いなどのデメリットもあるため、短期の資金繰りを乗り切るための選択肢として考えましょう。

ファクタリング

ファクタリングとは?融資審査に通らない方のための資金調達方法

ファクタリングは、売掛債権を譲渡することで早期に資金化する資金調達方法のことを言います。ファクタリングの場合は、審査対象が資金が必要な会社ではなく、売掛先になります。そのため、銀行融資やビジネスローンよりも、売掛先の信用力が高ければ審査に通りやすいメリットがあります。その上、ファクタリングは「債権の譲渡」でしかないため「借入」として決算書に掲載されないので、今後の銀行取引にもマイナスの影響がありません。

不動産担保ローン

不動産担保ローンを活用した資金調達方法のすべて。審査や金利、借り換え方法を比較

不動産担保ローンは、文字通り、土地、マンション、ビル、店舗、工場、戸建てなどの不動産を担保に資金を調達する資金調達方法のことを言います。無担保のビジネスローンと比較すると担保がある分、「高額な借り入れが可能」「数十年単位の長期間の借り入れが可能」「審査が通りやすい」というメリットがあります。ただし、返済できなければ担保である不動産を失ってしまうというデメリットもあるので注意が必要です。


資金調達「無料診断」/10秒簡単登録

返済不要の助成金獲得/無料診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

資金調達のコンサルティング、資金調達のサポート事業を行っています。銀行融資から、担保融資、ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングまで、様々な資金調達方法を紹介し、資金繰りの改善をお手伝いしています。実際に私が経営している会社でも、様々な方法で資金調達を実現させました。