銀行融資審査のチェックポイント「経営者の能力」とその攻略法

銀行融資の審査ではどのような点をチェックして審査が行われるのでしょうか?今回は銀行融資審査のチェックポイント「経営者の能力」とその攻略法について解説します。

経営者の能力は会社の経営を大きく左右する

社員数が100名に満たない中小企業の場合

会社経営が上手くいくかどうか = 経営者の能力次第

と考える銀行がほとんどです。

社員がいくら優秀であっても、優秀な経営者の元でなければ残ってもらえませんし、社員が会社経営をするわけではありません。

結局、融資をする銀行にとっても

優秀な経営者かどうか?

は非常に重要な審査のチェックポイントとなるのです。

経営者の能力って銀行は何を見ているのか?

経営者の能力は色々なものがありますが、概ね見られているのは下記のポイントです。

具体的な数字で話せる人かどうか?

  • 現在の自社の経営状態
  • 3年~5年後までの中期事業計画
  • 半年後の経営状況の見通し
  • 強み
  • 弱み

をイメージではなく、具体的な数字でスラスラと語れる経営者は信頼される可能性が高いのです。

例えば

「現在の自社の弱みは営業利益率が3.2%の低いことが要因だと考えています。これを改善するために高利益率の商品Aの投入を3か月後人予定し、既存の商品Bのコスト削減も進めています。予定通りに行けば半年後の営業利益率は10%まで引き上げられると考えます。商品Aの仕入れ資金が500万円不足しているので、融資を希望します。」

と具体的な数字で

  • 未来のことを語れる
  • 現在の改善すべき事項を語れる
  • 経営戦略を語れる

ことが銀行が見る経営者の大きな資質なのです。

「今度、新しい高利益率の商品Aを投入するので、利益率が向上することは間違えありません。営業利益率も良くなる見通しですので、融資をお願いします。」

というプレゼンをする経営者はダメということです。

具体的な数字で経営をとらえているということが何よりも重要なことなのです。

ウソをつかない、言い訳をしない

「ウソをつかない、言い訳をしない」というのは幼稚園児に言うようなことかもしれませんが、実はこれも大きなポイントとなります。

経営者が

  • 営業成績トップの営業マンが急に辞めてしまったので売上が落ちてしまいました。
  • 経理のミスによって取引下げなくなってしまい売上が落ちてしまいました。

と言い訳をしている会社は伸びないと考えているのです。

営業成績トップの営業マンが急に辞めてしまって売上が落ちたのが事実だとしても、「なぜ、辞めたのか?」を経営者の責任と捉えて改善する姿勢を持って、話さなければならないのです。

正解は

「今回はうちの会社の30%の売上を持っていた営業マンAの退社によって、売上が15%減ってしまいました。原因は営業マンのインセンティブの低さと営業マン個人にクライアントの交渉を任せてしまう経営体質にあると考えます。インセンティブ設計の見直しと、クライアントに長くつかないような営業内でのローテーションの導入を考えています。」

とあくまでも経営者の責任として改善策につなげる形にしなければならないのです。

友人関係でも

  • ウソをつく人
  • 言い訳をする人

が信頼されないのと同様で

お金を貸す銀行も

  • ウソをつく人
  • 言い訳をする人

を信用してくれないのです。

実行力

「前回来た時に話していた改善プランがまともだったのに、いつまで経っても実行されない。」と銀行が思うことも多いようです。

経営者は経営戦略の構築も高いレベルで求められますが、同時に実行力を伴わなければ「絵に描いた餅」で終わってしまうのです。

とくに銀行に話した経営戦略や経営の改善策などは、話した予定通りに実行して、実行力があることを示す必要があります。

口だけの経営者はごまんといます。実行力も重要なポイントなのです。

銀行融資「事業実態」の審査の攻略法

数字で話す癖をつける

前述した通りで「具体的な数字」が銀行と話すときの共通言語です。数字で話せないのは致命的なのです。社内でも、取引先との折衝でも、常に数字を見ることを心がけて練習しておく必要があります。実際に経営も数字がなければ上手くいきませんので、日次で経営数値の管理をすることを心がけましょう。日次で経営数値のチェックをしていれば、いつの間にか具体的な数字で話す癖がついているはずです。

すべて自分の責任と考える

中小企業の最終責任を負うのは経営者です。社員が働かなくても、社員の頭が悪いと思っても、すべてそれは自分の責任と捉えたうえで「改善するためには何をすべきか?」という視点を持つように心がけましょう。

計画を期日までに実行する

言ったことをやらない経営者は、銀行にも、社員にも、信頼されません。言ったことは確実に期日までに実行しましょう。期日から逆算して今何をすべきか?のスケジュールを日々チェックすることが重要です。


注目の資金調達方法

資金調達

資金調達方法には何がある?資金調達方法31種類のメリットデメリット

資金調達方法の種類を徹底網羅して解説しています。資金調達方法は、思っている以上に多くの種類があり、資金調達方法ごとにメリットデメリットが存在します。中小企業であっても、使える資金調達方法は多くあるので、まずは「どのような資金調達方法があるのか?」把握することをおすすめします。資金調達の選択肢を知ったうえで、メリットデメリットを確認し、自社の状況に合わせた資金調達方法を選びましょう。

銀行融資

銀行融資のすべて。銀行融資を成功に導く申込方法・融資の引き出し方・交渉方法と銀行融資審査

銀行融資は、資金調達の基本中の基本です。そのわりに「銀行からどうやって融資を引き出すのか?」「銀行融資の審査は何を審査しているのか?」「銀行の融資担当者と交渉するときはどうすれば良いのか?」正確に理解している中小企業の経営者はほとんどいないのが現状です。銀行を味方につけることで、企業の資金繰りは何倍も楽になり、会社規模を成長させることができるのです。

ビジネスローン

ビジネスローンを活用した資金調達方法のすべて/130社比較・即日融資・無担保・審査

ビジネスローンは、以前は銀行ビジネスローンが主流でしたが、銀行は貸し倒れの増加に伴いビジネスローンの提供に対してかなり消極的になっています。現時点ではビジネスローンは、大手消費者金融が提供するローンサービスであり、銀行融資よりも、「審査が甘い」「即日融資が可能」という点で中小企業の経営者に重宝される資金調達方法となっています。金利が高いなどのデメリットもあるため、短期の資金繰りを乗り切るための選択肢として考えましょう。

ファクタリング

ファクタリングとは?融資審査に通らない方のための資金調達方法

ファクタリングは、売掛債権を譲渡することで早期に資金化する資金調達方法のことを言います。ファクタリングの場合は、審査対象が資金が必要な会社ではなく、売掛先になります。そのため、銀行融資やビジネスローンよりも、売掛先の信用力が高ければ審査に通りやすいメリットがあります。その上、ファクタリングは「債権の譲渡」でしかないため「借入」として決算書に掲載されないので、今後の銀行取引にもマイナスの影響がありません。

不動産担保ローン

不動産担保ローンを活用した資金調達方法のすべて。審査や金利、借り換え方法を比較

不動産担保ローンは、文字通り、土地、マンション、ビル、店舗、工場、戸建てなどの不動産を担保に資金を調達する資金調達方法のことを言います。無担保のビジネスローンと比較すると担保がある分、「高額な借り入れが可能」「数十年単位の長期間の借り入れが可能」「審査が通りやすい」というメリットがあります。ただし、返済できなければ担保である不動産を失ってしまうというデメリットもあるので注意が必要です。


資金調達「無料診断」/10秒簡単登録

返済不要の助成金獲得/無料診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

資金調達のコンサルティング、資金調達のサポート事業を行っています。銀行融資から、担保融資、ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングまで、様々な資金調達方法を紹介し、資金繰りの改善をお手伝いしています。実際に私が経営している会社でも、様々な方法で資金調達を実現させました。