銀行融資の種類「プロパー融資」とは?

銀行融資による資金調達では銀行融資の種類についても把握しておく必要があります。今回は銀行融資の種類「プロパー融資」について解説します。

「プロパー融資」とは?

プロパー融資とは

プロパー(proper)という言葉は、「本来的なもの」を意味する英語です。よく使われるのはプロパー社員という正社員を表す言葉です。プロパー融資とは銀行が銀行自身の保証のみで融資する融資方法のこと

を意味します。

本来、銀行や金融機関は自社が貸し倒れリスクをすべて請け負う代わりに利息をもらって経営するビジネスモデルですから、「本来的なもの」を意味する融資方法のことをプロパー融資と呼ぶのです。

プロパー融資 = 銀行が貸し倒れリスクを負う、保証協会の保証をつけない融資方法

不景気による中小企業への貸し渋りが増加し、保証付融資の利用企業数が激増する中で、保証付融資と区別するためにプロパー融資という融資方法が区別されるようになったのです。

また、銀行にはビジネスローンという融資の種類もあります。ビジネスローンは審査基準や融資金利なども決まっているローン商品です。

一方でプロパー融資は、企業ごとに業績や担保、保証人の信用力などを元に融資額・適用金利・貸付期間を決めるためオーダーメイド型のローン商品ということもできます。(銀行ビジネスローンは保証協会の保証をつけていないので区別されることもありますが分類ではプロパー融資の一種です。)

「プロパー融資」の特徴

貸し倒れリスクは銀行が負う

プロパー融資は保証協会の保証をつけないので、銀行が貸し倒れリスクを負うことになります。貸し倒れが発生すれば融資したお金が戻ってこない分、損失を出してしまうことになるため、厳しい審査が必要になるのです。

銀行も自社で貸し倒れリスクを負うため、貸し倒れリスクを最小限にするために

  • 不動産担保を要求してくる
  • 代表者とは別の保証人を要求してくる
  • 比較的短期の融資になる
  • 審査が厳しくなる
  • プロパー融資の場合は支店長か本部が決裁者になる
  • 比較的審査に時間がかかる

という動き方になってしまうのです。これは致し方ない部分といっていいでしょう。

オーダーメイドだから生まれるメリット

プロパー融資はオーダーメイド型の銀行融資ですから

企業の業績や担保、保証人の信用力によっては

  • ビジネスローンや保証付融資よりも高額な限度額で借りられる可能性がある
  • ビジネスローンや保証付融資よりも低金利で借りられる可能性がある
  • ビジネスローンや保証付融資よりも長期間借りられる可能性がある

メリットもあります。

保証付融資の場合は

  • 保証料が発生する
  • 中堅企業、大企業が利用できないこと

ビジネスローンの場合は

  • 金利が高い

というデメリットがありますが、プロパー融資であればそれは審査次第でこれらのデメリットはクリアできるのです。

「プロパー融資」で銀行融資を受ける際の注意点

信用を積み上げなければ審査には通らない!

前述した通りで、プロパー融資というのは審査が厳しく、申込んでいきなりプロパー融資の長期間の低金利融資が実行される可能性は極めて低いのです。

1.銀行をメインバンクにして法人取引、口座のお金の流れを共有する
2.保証付融資で返済実績を作る
3.銀行ビジネスローンで返済実績を作る
4.6か月~1年の短期のプロパー融資で返済実績を作る

↓(同時に:事業歴を伸ばす、利益を伸ばす、売上を伸ばす)

5.長期・低金利のプロパー融資の交渉の土台に乗る

という流れになります。

日頃の付き合いの中から、銀行の信用・信頼を勝ち取り、事業歴を伸ばしていくことが好条件のプロパー融資を引き出すために求められるのです。

「プロパー融資」で銀行融資受ける手順

「プロパー融資」に申込む方法は

  • 銀行に申込む

だけです。

新規で「プロパー融資」を申込んでも、ほとんどの銀行はまずは「保証付融資」「銀行ビジネスローン」をすすめてくるものと考えましょう。プロパー融資には「信用」が必要不可欠なのです。

まとめ

起業して間もない会社や資本金や従業員が少ない中小企業の場合は「信用保証協会の保証付融資」を利用するという形でとくに問題はないのですが

会社の規模が拡大するにつれて「信用保証協会の保証付融資」の対象から外れる可能性も出てくるので、会社の成長に合わせて、プロパー融資に移行していくものなのです。

いきなりプロパー融資で融資を受けることをめざずのではなく、銀行との長期的な付き合いの中で「信用」を積み上げながら徐々にプロパー融資に移行していくものと考えましょう。


注目の資金調達方法

資金調達

資金調達方法には何がある?資金調達方法31種類のメリットデメリット

資金調達方法の種類を徹底網羅して解説しています。資金調達方法は、思っている以上に多くの種類があり、資金調達方法ごとにメリットデメリットが存在します。中小企業であっても、使える資金調達方法は多くあるので、まずは「どのような資金調達方法があるのか?」把握することをおすすめします。資金調達の選択肢を知ったうえで、メリットデメリットを確認し、自社の状況に合わせた資金調達方法を選びましょう。

銀行融資

銀行融資のすべて。銀行融資を成功に導く申込方法・融資の引き出し方・交渉方法と銀行融資審査

銀行融資は、資金調達の基本中の基本です。そのわりに「銀行からどうやって融資を引き出すのか?」「銀行融資の審査は何を審査しているのか?」「銀行の融資担当者と交渉するときはどうすれば良いのか?」正確に理解している中小企業の経営者はほとんどいないのが現状です。銀行を味方につけることで、企業の資金繰りは何倍も楽になり、会社規模を成長させることができるのです。

ビジネスローン

ビジネスローンを活用した資金調達方法のすべて/130社比較・即日融資・無担保・審査

ビジネスローンは、以前は銀行ビジネスローンが主流でしたが、銀行は貸し倒れの増加に伴いビジネスローンの提供に対してかなり消極的になっています。現時点ではビジネスローンは、大手消費者金融が提供するローンサービスであり、銀行融資よりも、「審査が甘い」「即日融資が可能」という点で中小企業の経営者に重宝される資金調達方法となっています。金利が高いなどのデメリットもあるため、短期の資金繰りを乗り切るための選択肢として考えましょう。

ファクタリング

ファクタリングとは?融資審査に通らない方のための資金調達方法

ファクタリングは、売掛債権を譲渡することで早期に資金化する資金調達方法のことを言います。ファクタリングの場合は、審査対象が資金が必要な会社ではなく、売掛先になります。そのため、銀行融資やビジネスローンよりも、売掛先の信用力が高ければ審査に通りやすいメリットがあります。その上、ファクタリングは「債権の譲渡」でしかないため「借入」として決算書に掲載されないので、今後の銀行取引にもマイナスの影響がありません。

不動産担保ローン

不動産担保ローンを活用した資金調達方法のすべて。審査や金利、借り換え方法を比較

不動産担保ローンは、文字通り、土地、マンション、ビル、店舗、工場、戸建てなどの不動産を担保に資金を調達する資金調達方法のことを言います。無担保のビジネスローンと比較すると担保がある分、「高額な借り入れが可能」「数十年単位の長期間の借り入れが可能」「審査が通りやすい」というメリットがあります。ただし、返済できなければ担保である不動産を失ってしまうというデメリットもあるので注意が必要です。


資金調達「無料診断」/10秒簡単登録

返済不要の助成金獲得/無料診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です