中小企業経営承継円滑化法による金融支援で資金調達する方法

中小企業が事業承継をする場合には中小企業経営承継円滑化法による金融支援で資金調達する方法を取ることができます。今回はこの資金調達方法について解説します。

中小企業経営承継円滑化法とは

中小企業経営承継円滑化法がつくられた背景

中小企業の経営者が引退するとき、死亡したときには子や孫などに事業継承をして会社を存続させる形がとられますが

実際問題では

経営者死亡時の法定相続人には遺留分(法律で決まった受取の割合)があるため、株式を取得するときに他の相続人よりも過大な相続をしなければならず、他の相続人にお金を支払って調整する必要性などがでてきます。相続税も多額になるケースもありますが、簡単に上場していない会社の株式が売却できるわけでもありません。

また、経営者が交代するというのは、会社の経営が今まで通りにできなくなるリスクが大きいのです。これは経営者の裁量が大きく経営数字に直結してしまう中小企業ほどリスクが大きく、金融機関からの信用不安が拡大するのです。

中小企業にはこのような事業継承における問題があり、泣く泣く倒産する会社が増えることで、貴重な中小企業のノウハウや技術が失われてしまっているという懸念があり、政府がそれに対応するために作った制度が「中小企業経営承継円滑化法」です。

中小企業経営承継円滑化法では

  1. 遺留分に関する民法の特例(遺留分の算定からの除外、評価額の固定)
  2. 金融支援(資金融資制度)
  3. 課税の特例(納税猶予制度)

などの特例が適用され、前述したような継承者の負担を軽減するような制度設計になっているのです。

小売業、サービス業であれば資本金5,000万円以下、または従業員数50名以下であれば中小企業経営承継円滑化法の対象となります。

経営承継で必要になる資金需要とは

会社や後継者本人が事業継承で必要になる資金には

  • 他の相続人から自社株式や会社の資産を買い取る資金
  • 経営者交代の信用不安からの資金繰り悪化を防ぐ資金
  • 相続税や贈与税などの納税資金

などが必要になります。

中小企業経営承継円滑化法での資金調達方法とは

1.中小企業信用保険法の特例(信用保証協会の保証)

中小企業が銀行から融資を受けるときに信用保証協会が保証してくれることで、銀行は貸し倒れリスクが少ない状態で融資をすることができます。

通常の保証枠は、普通保険2億円、無担保保険8000万円、特別小口保険1250万円ですが、中小企業信用保険法の特例を利用すると、この枠が別枠で作れるので、実質2倍の融資枠ができるのです。

銀行も信用保証協会の保証枠があれば、積極的に融資してくれることになるのです。

通常の保証枠

  • 普通保険:2億円
  • 無担保保険:8000万円
  • 特別小口保険:1250万円

中小企業信用保険法の特例枠

  • 普通保険:2億円
  • 無担保保険:8000万円
  • 特別小口保険:1250万円

※併用できるので、実質保証枠が2倍になります。

2.日本政策金融公庫法の特例

日本政策金融公庫では対象者が「会社」「個人事業主」だったのですが、日本政策金融公庫法の特例を利用した場合には「会社の代表者個人」も対象に追加されます。

これは代表者個人が相続税や他の相続人からの株式買取でお金を出す必要が出てくるからです。

項目説明
対象者経営承継円滑化法に基づく認定を受けた中小企業の代表者
資金用途企業継承を行うために必要な経営承継円滑化法により認定を受けた資金
融資限度額7億2000万円
融資期間設備投資:15年以内、運転資金:7年以内
金利2億7000万円までは特別利率、それ以上は基準金利

中小企業経営承継円滑化法を利用するためには認可が必要

中小企業経営承継円滑化法を利用するためには経済産業大臣の認定が必要になります。

認定されるケース

  • 会社や後継者が、これら以外の者の有する会社の株式や事業資産などを取得する必要があること
  • 先代経営者の死亡や退任後の3か月の売上高が前年同期比で80%以下に減少することが見込まれていること
  • 仕入れ先からの仕入れ条件が不利益に変更された
  • 取引先金融機関からの借り入れ条件(返済方法、返済期間、金利)が悪化した、取引が中止になった
  • 後継者が、相続や贈与で会社の株式や事業資産を取得したときに多額の相続税や贈与税の納付が必要になった
  • その他の理由

中小企業経営承継円滑化法の認可の申請の流れ

  1. 地方経済産業局へ申請書提出
  2. 地方経済産業局が審査
  3. 審査通過
  4. 経済産業大臣の認定
  5. 中小企業の経営者、個人事業主 → 信用保証協会へ融資申し入れ
    中小企業の経営者個人 → 日本政策金融公庫へ融資申し入れ
  6. 信用保証協会・日本政策金融公庫が融資の審査
  7. 審査通過
  8. 融資実行

まとめ

会社の事業継承には、後継者や会社の資金負担は非常に大きいものがあります。さらに取引先やメインバンクから経営者の交代によって、取引を打ち切られたり、取引条件を変更されたり、経営自体が傾くリスクも大きいのです。

このようなケースでは中小企業経営承継円滑化法を活用して、資金調達を行うべきなのです。


注目の資金調達方法

資金調達

資金調達方法には何がある?資金調達方法31種類のメリットデメリット

資金調達方法の種類を徹底網羅して解説しています。資金調達方法は、思っている以上に多くの種類があり、資金調達方法ごとにメリットデメリットが存在します。中小企業であっても、使える資金調達方法は多くあるので、まずは「どのような資金調達方法があるのか?」把握することをおすすめします。資金調達の選択肢を知ったうえで、メリットデメリットを確認し、自社の状況に合わせた資金調達方法を選びましょう。

銀行融資

銀行融資のすべて。銀行融資を成功に導く申込方法・融資の引き出し方・交渉方法と銀行融資審査

銀行融資は、資金調達の基本中の基本です。そのわりに「銀行からどうやって融資を引き出すのか?」「銀行融資の審査は何を審査しているのか?」「銀行の融資担当者と交渉するときはどうすれば良いのか?」正確に理解している中小企業の経営者はほとんどいないのが現状です。銀行を味方につけることで、企業の資金繰りは何倍も楽になり、会社規模を成長させることができるのです。

ビジネスローン

ビジネスローンを活用した資金調達方法のすべて/130社比較・即日融資・無担保・審査

ビジネスローンは、以前は銀行ビジネスローンが主流でしたが、銀行は貸し倒れの増加に伴いビジネスローンの提供に対してかなり消極的になっています。現時点ではビジネスローンは、大手消費者金融が提供するローンサービスであり、銀行融資よりも、「審査が甘い」「即日融資が可能」という点で中小企業の経営者に重宝される資金調達方法となっています。金利が高いなどのデメリットもあるため、短期の資金繰りを乗り切るための選択肢として考えましょう。

ファクタリング

ファクタリングとは?融資審査に通らない方のための資金調達方法

ファクタリングは、売掛債権を譲渡することで早期に資金化する資金調達方法のことを言います。ファクタリングの場合は、審査対象が資金が必要な会社ではなく、売掛先になります。そのため、銀行融資やビジネスローンよりも、売掛先の信用力が高ければ審査に通りやすいメリットがあります。その上、ファクタリングは「債権の譲渡」でしかないため「借入」として決算書に掲載されないので、今後の銀行取引にもマイナスの影響がありません。

不動産担保ローン

不動産担保ローンを活用した資金調達方法のすべて。審査や金利、借り換え方法を比較

不動産担保ローンは、文字通り、土地、マンション、ビル、店舗、工場、戸建てなどの不動産を担保に資金を調達する資金調達方法のことを言います。無担保のビジネスローンと比較すると担保がある分、「高額な借り入れが可能」「数十年単位の長期間の借り入れが可能」「審査が通りやすい」というメリットがあります。ただし、返済できなければ担保である不動産を失ってしまうというデメリットもあるので注意が必要です。


資金調達「無料診断」/10秒簡単登録

返済不要の助成金獲得/無料診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です