銀行融資の種類別の審査の難易度

mushimegane128_128銀行融資にはいくつか種類がありますが、審査の難易度に差があります。今回は銀行融資の種類別の審査の難易度について解説します。

銀行融資の種類別の審査の難易度

銀行融資の中で審査の厳しい順番に融資方法をランキング表示します。

1.当座貸越

当座貸越とは

銀行があらかじめ極度額を設定し、その極度額の範囲内であれば企業が自由に借入、返済ができる融資方法のこと

審査について

自由に借り入れ、返済ができるということはかなり借りる企業側に裁量がある状態となります。企業側にとっては資金繰りに柔軟に対応出来るため、メリットの大きい銀行融資の方法ですが、それは銀行側にとっては貸し倒れリスクが大きいことを意味します。結果として、銀行の融資方法の中では審査が厳しい融資方法になります。

2.プロパー融資

プロパー融資とは

銀行自身が貸し倒れリスクを取って融資をする融資方法のこと

審査について

プロパー融資は、信用保証協会の保証もなく、貸し倒れが起きればそれはそっくり銀行の損失となってしまいます。当然、審査は厳しく、事業歴が長い、十分なキャッシュフローが見込める、企業規模・借入規模の大きい企業が対象になります。信用保証付融資での信用を積み重ねてから利用できる融資方法です。

3.手形貸付

手形貸付とは

銀行に手形を差し入れて融資を受ける融資方法のこと

審査について

手形貸付は比較的短期の貸付になります。銀行としてはオーダーメイドで契約をするプロパー融資よりも、短期の運転資金を目的として融資をする手形貸付の方が貸付額も小さくなり、融資期間も短くなるので審査は通りやすいのです。

4.ビジネスローン

ビジネスローンとは

決算書データをスコアリングシステムで自動的に審査をして融資をする融資方法のこと。無担保、第三者保証人がない代わりに高金利のローン

審査について

ビジネスローンは、無担保、第三者保証人なしと銀行にとっては貸し倒れリスクが大きくなる形になりますが、その分金利を高く設定しているので、中小企業、零細企業でも利用しやすい融資方法となっています。審査も通りやすいのです。

5.手形割引

手形割引とは

手形割引とは、企業がサービスや商品の対価として受け取った手形を銀行が買い取る形の融資方法のこと

審査について

手形割引は手形を支払人の信用力と、買戻し人の信用力が審査されます。手形を振り出す支払人は大企業であることが多い為、比較的審査が通りやすい融資方法となっています。しかし、手形が不渡りになった場合には手形割引依頼した企業が買い戻す義務があるため、買戻し余力も審査されるのです。

6.保証付融資

保証付融資とは

保証付融資は、信用保証協会が保証人となって貸し倒れリスクを負ってくれる融資方法のこと

審査について

信用保証協会の保証が付けば、融資した企業が倒産しても、保証協会が代位弁済(代わりに返済すること)をしてくれます。ということは銀行にとっては貸し倒れリスクが非常に少ない融資方法となります。起業間もない企業、中小企業、零細企業でも利用できる、資金調達でまっさきに検討すべき方法です。

まとめ

基本的には審査の難易度というのは、銀行の経営方針によって多少の違いはありますが

  1. 当座貸越
  2. プロパー融資
  3. 手形貸付
  4. ビジネスローン
  5. 手形割引
  6. 保証付融資

という順番になっています。

起業間もない企業や信用量の低い中小企業、零細企業の場合は

  • 保証付融資
  • ビジネスローン

が第一の選択肢になるのは間違えありません。

  • 保証付融資
  • ビジネスローン

の返済実績が積み重なることで、プロパー融資や手形貸付など上位の融資方法の審査も通るようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です