在庫の売却で資金調達する方法とは?在庫処分で資金調達するメリットデメリット・手順をわかりやすく解説

man
「在庫の売却で資金調達する方法はどういうものですか?」
「在庫の売却で資金調達するメリットデメリットを教えてください。」
「在庫の売却で資金調達は、どのような手順で行えば良いでしょうか?」

資金調達方法の中に「在庫売却」というものがあります。今回は、在庫を売却して資金調達する方法について、メリットデメリット・手順をわかりやすく解説します。

目次

在庫売却で資金調達する方法とは?

在庫売却で資金調達する方法とは?

在庫とは

企業が販売するために仕入れた原材料・仕掛品・製品・商品などの財貨のこと

を言います。

会計用語で言うと「棚卸資産」の一種であり、販売目的と何らかの形で結びついている資産のことを言います。

例えば、小売店の場合は

販売するために仕入れた商品のうち、売場に出さずに倉庫などの別の場所に保管して置いている商品のこと

を指します。

在庫売却で資金調達する方法とは

在庫は、原材料・仕掛品・製品・商品と色々なパターンがありますが、原材料・仕掛品などは売却できないケースもありますが、製品・商品であれば、売却することができるため、資金調達が可能になります。

在庫を売却することで資金調達ができるのです。

とくに

長期間在庫として保管しておくと

  • 経年劣化によって売れなくなってしまう
  • 何かの拍子に壊れてしまう
  • 在庫を置くスペースが必要になる
  • 在庫を置く管理コストが必要になる

というデメリットが発生してしまうため、不良在庫は、早い段階で売却して、資金繰りに充てる方が経営的にも、大きなメリットがあるのです。

在庫売却で資金調達する方法には何がある?

在庫売却で資金調達する方法には何がある?

在庫を売却する方法には

  1. 自社の販路で広告宣伝を行い売却する
  2. セールで売り切る
  3. アウトレットで販売する
  4. フリマアプリ、インターネットオークションで販売する
  5. 在庫買取業者に売却する

などがあります。

1.自社の販路で広告宣伝を行い売却する

man
「自社の販路で売却できないから、在庫になって残っているんだよ。」

と思う方も多いですが、実際には、「売るための努力」を怠っているケースが少なくありません。

商品をすでに知っている。かつ興味がある方には
  • メルマガ
  • SNS(twitter、instagram、facebook)
  • LINE@
  • DM(ダイレクトメール)

などで、定期アプローチをする中で「在庫」をアピールすることで、「購入したい」タイミングに「在庫」へ誘導して、売却することができるのです。

商品をすでに知っている。かつ興味がない方には
  • 別の切り口で訴求する

商品性でアピールしても、興味が持たれなかったということを意味しているので

  • 掘り出し物
  • 人気No.1
  • 隠れた逸品

など、切り口を変えることで、興味を持ってもらえる可能性が出てくるのです。

商品を知らない方には
  • ウェブサイトで上位に表示する
  • 販売店の商品の棚を変える
  • ポップなどでアピールする
  • SNSでアピールする
  • 販促チラシでアピールする

など、見てもらえる機会を増やす努力が必要になります。

2.セールで売り切る

自社のサイトや店舗で売却するときに「値引き」をすることで、在庫の売却を狙います。

  • 値下げセール
  • 在庫一斉セール
  • 決算セール

など「セール」「値引き」をすることで在庫を処分することができます。

ただし、注意しなければ、会社、ブランドのイメージダウン(値引きされるブランド、買い手のいないブランド)と思われてしまうリスクがあります。

3.アウトレットで販売する

アウトレットとは
メーカーが余った在庫や訳あり品を売る仕組み、店舗のこと

を言います。

  • 数シーズン前の商品
  • クーリングオフの返品物
  • 過剰な在庫の処分品
  • 色落ち、ほつれなどがあるB級品

などがアウトレットの店舗に並びます。

最近では、アウトレットモールなどで、高級ブランドのアウトレット商品が売られることで、安く手に入ることで人気となっています。

メリットは、セールとは違い、B級品であることを明示して売却しているため、単純な値引きやセールよりも、ブランド価値を下げずに売却することができます。

アウトレットモールに出店料を支払うことで、在庫品の売却が可能になります。

4.フリマアプリ、インターネットオークションで販売する

  • ヤフオク、楽天オークションなどのオークションサイト
  • メルカリ、ラクマなどのフリマサイト
  • ジモティーなどの掲示板サイト

などを利用することで、身元(販売主体)を隠したまま、在庫品を処分することが可能です。

中古品(新古品)としての売却になるため、単純な値引きやセールよりも、ブランド価値を下げずに売却することができます。
ただし、売却のための手間がかかる点に注意が必要です。

5.在庫買取業者に売却する

在庫の買取業者に売却する方法もあります。

在庫の買取業者は

  • 家電製品
  • パソコン
  • パソコン周辺機器
  • 家具
  • 日用雑貨
  • ブランド品
  • 食料品
  • 消耗品
  • 化粧品
  • スポーツ用品
  • DIY工具
  • ベビー用品

などを、多くのロットで買い取ってくれる在庫買取専門業者です。

買取業者は、

  • 小売店
  • 問屋
  • 仲間卸
  • ネットショップ

など、2次流通の販路を幅広く用意しているため、大量の在庫品を買い取ることができるのです。

業者に売却するだけであれば、一番手間がかからずにすぐに在庫を資金化できるメリットがあります。
反面、買取業者は、転売で儲けるビジネスモデルですので、大量のロットを引き受ける反面、買取価格はかなり安く値切られてしまう可能性が高いです。資金調達できる金額が少なくなってしまうことに注意が必要です。

在庫の売却で資金調達するメリット

在庫の売却で資金調達するメリット

メリットその1.在庫の保管コストを削減できる

前述した通りで、売れない在庫(不良在庫)を抱えてしまうと色々なコストが発生します。

  • 在庫の保管コスト(倉庫の賃料、光熱費)
  • 在庫管理の人件費
  • 保険料
  • 運搬費

が主なコストです。

これは、在庫を持つ期間が長ければ長いほど、積みあがっていくものですから、在庫を売却することで、資金調達ができると同時に「コスト削減」ができるのが大きなメリットと言えます。

メリットその2.早期の資金調達が可能

在庫の売却方法にも、寄りますが、在庫の売却は、買い手が見つかれば、その場で完了し、資金調達ができます。

  • 買取業者に売却する → その場で現金で支払われる
  • フリマアプリ、オークションサイト → 売れたら、その場で入金される

のですから、資金調達のスピードが、「融資」や「出資」と比較して、圧倒的に早いのです。

資金繰りの悪化に時間的猶予がない場合には、有効な資金調達方法となります。

メリットその3.売却方法によっては、通常の販売価格に近い金額で売却可能

買取業者に一括売却した場合は、

商品原価の数十%まで、売却価格が落ちてしまうため、商品単体で見れば赤字となってしまいます。

自社のウェブサイトや店舗で工夫して売り切った場合は、

多少の割引をしても、販売価格の7割~8割の金額で売却できる可能性もあります。この場合は、商品単体で見れば利益が出ていることになります。

売却方法を工夫することで、時間はかかるかもしれませんが、通常の販売価格に近い金額での売却も可能になります。

メリットその4.資金調達したお金で次の売上を作る商品の仕入れも可能

売れない不良在庫を抱えているよりも、損をしてでも、売却して資金化した方が、未来の売上を作る仕入れが可能になります。

売れない可能性の高い在庫が多いよりも、少なくても、確実に売却できる新しい商品を仕入れた方が経営的に大きなメリットがあるのです。生きた資金の使い方と言えます。

在庫の売却で資金調達するデメリット

在庫の売却で資金調達するデメリット

デメリットその1.売却方法によっては、ブランド価値が下がる

  • セールや値引きで売却する
  • フリマアプリ、インターネットオークションで売却する
  • 買取業者に売却する

場合は

本来の販売価格よりも安く売る = 人気のない商品、人気のないブランド

というイメージを持たれてしまいます。

今後の売上へ、悪影響を及ぼすリスクがあるのです。

ブランド価値を低下させないためには、B級品であることが明らかであるアウトレットモールなどで売却すると良いでしょう。

デメリットその2.売却方法によっては、買いたたかれる

  • 買取業者に売却する
  • フリマアプリ、インターネットオークションで売却しても、一向に売れない

場合は、販売価格に対して、10%~20%という安値で売却しなければならないケースも出てきます。

商品単位で考えれば、完全な赤字になってしまいます。

デメリットその3.売却方法によっては、なかなか資金化できない

  • 自社のウェブサイトや店舗で売却しようとする
  • フリマアプリ、インターネットオークションで売却する
  • アウトレットモールで売却する

場合も、「なかなか売れない」という可能性が出てきます。

買取業者以外は、「確実に今すぐ売れる」というものではないのです。売り方を工夫しながら、徐々に値引き率を引き上げて売却するほどの時間的余裕があれば良いのですが、資金繰りに時間的余裕がないケースでは、在庫の処分に時間がかかることが大きな問題になってしまうのです。

在庫による資金調達でおすすめの方法とは?

在庫による資金調達でおすすめの方法とは?
teacher
「在庫買取業者での売却」をおすすめします。

なぜならば

  • 自社サイト、自社の店頭で売る
  • セールで売り切る
  • アウトレットモールで売却する
  • フリマアプリ、インターネットオークションで販売する

の場合は

  • 在庫買取業者よりも、高く売れる可能性がある

というメリットがある反面

  • すべてが売却できるわけではない
  • 売却するまでに時間がかかる
  • 売却するまでに手間がかかる
  • 売却するまでにコストがかかる(広告宣伝費、アウトレットモールへの出展料、人件費)

というデメリットがある上に、自社での売却の場合は、ブランドイメージの毀損による、今後の売上への悪影響が考えられるからです。

在庫買取業者での売却の場合は

  • かなり安く売却することになる

というデメリットがある反面

  • 多くの在庫も売却が可能
  • すぐに在庫の処分ができる

ためです。

在庫処分に経営のエネルギーを使うよりは、安くても、在庫を処分して、在庫処分ではなく、新しい商品の開発、仕入れ、販売に力を割く方が、経営を改善させられる可能性が高いからです。

在庫処分にエネルギーを割くのではなく、「在庫買取業者」を利用して、すぐに在庫処分を完了することをおすすめします。

ただし、在庫買取業者が買い取れない商品については、自分で処分しなければならない点に注意が必要です。

在庫買取業者を選ぶポイント

在庫買取業者を選ぶポイント

ポイントその1.専門の業者を探す

「幅広い商品を取り扱っている在庫買取業者」よりも、「その商品専門で買取している在庫買取業者」の方が、高く売れる販路を確保している可能性が高く、買取額が高くなります。

何でも買い取れる在庫買取業者ではなく

  • 家電専門買取業者
  • アパレス専門買取業者
  • 雑貨専門買取業者
  • ブランド専門買取業者
  • お酒専門買取業者
  • 重機買取
  • など
専門性の高い在庫買取業者を選ぶと高値売却の可能性が高くなります。

ポイントその2.あまりに種類の違う商品が残っている場合には、何でも買い取れる在庫買取業者を選ぶ

専門性の高い在庫買取業者に買取を依頼した方が高値売却が期待できますが

  • 商品の種類が多い
  • 商品ごとのロットが少ない

という状況では、専門性の高い在庫買取業者も買い取ってくれませんし、多くの在庫買取業者を見つける労力が発生します。

種類が多い商品の在庫を少しずつ抱えている場合は、何でも買い取れる在庫買取業者に売却してしまった方が、スピーディーに在庫処分が完了するのです。

ポイントその3.買取実績の豊富な在庫買取業者を選ぶ

買取実績の多さ = 販路の多さ

と言って過言ではありません。

買取実績が多いということは、それだけ捌けるということを意味します。

買取実績の多い在庫買取業者の方が、販路が広いため、多くの在庫を引き取ってくれますし、買取価格も高く設定されるケースが多いのです。

ポイントその4.見積書、契約書を提示してくれる在庫買取業者を選ぶ

買取業者は、安く買い取る業者ほど「口頭での買取」を強要してくる業者が多いです。

  • 見積書の提示
  • 契約書の用意

をしっかりしてくれる在庫買取業者の方が、高値買取の可能性が高いのです。

また、契約書があれば、在庫の持ち逃げなどのトラブルを回避できますので

  • 連絡先
  • 事務所の住所

も抑えたうえで、契約書をしっかり締結し、在庫売却を進める必要があります。

ポイントその5.相見積もりを取る

もっとも重要なポイントは

  • 相見積もりを取る

という点です。

在庫買取業者の買取価格は、他の買取方法よりも、安くなってしまいます。だからこそ、少しでも高く売却するためには、できるだけ多くの在庫買取業者に買取価格の見積もりを提示してもらって、一番高く買取が可能な在庫買取業者に依頼するべきです。

在庫買取業者への依頼手順

在庫買取業者への依頼手順

手順その1.在庫買取業者を探す

ウェブサイトやタウンページなどで、保有する在庫の買取ができる在庫買取業者を探します。

手順その2.メール、問い合わせフォーム、電話で連絡する

在庫買取業者のウェブサイトから、メール、問い合わせフォーム、電話で「在庫買取希望」の連絡を入れます。

手順その3.ヒアリング

在庫買取業者に問い合わせをすれば、業者からヒアリングの連絡が来ます。

  • 在庫の種類や内容、数
  • 希望する売却価格

などを口頭で回答した上で

  • 在庫リスト
  • 在庫サンプル画像

を送ります。

在庫リストには

  • JANコード
  • 型番
  • 品名
  • 数量

などを記載しておくとスムーズに査定が可能になります。

手順その4.見積もり依頼

在庫リストを送って、見積もり依頼をすれば、在庫買取業者から買取価格の見積もりが提示されます。リストの数にもよりますが、1週間~2週間ぐらい見積もりに時間がかかります。

手順その5.価格交渉

納得がいかなければ、買取価格の交渉をします。

手順その6.契約

買取価格、入金日、在庫の引き渡し方法など契約内容に問題がなければ、契約を完了し、契約内容にそって、手続きを進めます。

注目の資金調達方法

資金調達

資金調達方法には何がある?資金調達方法31種類のメリットデメリット

資金調達方法の種類を徹底網羅して解説しています。資金調達方法は、思っている以上に多くの種類があり、資金調達方法ごとにメリットデメリットが存在します。中小企業であっても、使える資金調達方法は多くあるので、まずは「どのような資金調達方法があるのか?」把握することをおすすめします。資金調達の選択肢を知ったうえで、メリットデメリットを確認し、自社の状況に合わせた資金調達方法を選びましょう。

銀行融資

銀行融資のすべて。銀行融資を成功に導く申込方法・融資の引き出し方・交渉方法と銀行融資審査

銀行融資は、資金調達の基本中の基本です。そのわりに「銀行からどうやって融資を引き出すのか?」「銀行融資の審査は何を審査しているのか?」「銀行の融資担当者と交渉するときはどうすれば良いのか?」正確に理解している中小企業の経営者はほとんどいないのが現状です。銀行を味方につけることで、企業の資金繰りは何倍も楽になり、会社規模を成長させることができるのです。

ビジネスローン

ビジネスローンを活用した資金調達方法のすべて/130社比較・即日融資・無担保・審査

ビジネスローンは、以前は銀行ビジネスローンが主流でしたが、銀行は貸し倒れの増加に伴いビジネスローンの提供に対してかなり消極的になっています。現時点ではビジネスローンは、大手消費者金融が提供するローンサービスであり、銀行融資よりも、「審査が甘い」「即日融資が可能」という点で中小企業の経営者に重宝される資金調達方法となっています。金利が高いなどのデメリットもあるため、短期の資金繰りを乗り切るための選択肢として考えましょう。

ファクタリング

ファクタリングとは?融資審査に通らない方のための資金調達方法

ファクタリングは、売掛債権を譲渡することで早期に資金化する資金調達方法のことを言います。ファクタリングの場合は、審査対象が資金が必要な会社ではなく、売掛先になります。そのため、銀行融資やビジネスローンよりも、売掛先の信用力が高ければ審査に通りやすいメリットがあります。その上、ファクタリングは「債権の譲渡」でしかないため「借入」として決算書に掲載されないので、今後の銀行取引にもマイナスの影響がありません。

不動産担保ローン

不動産担保ローンを活用した資金調達方法のすべて。審査や金利、借り換え方法を比較

不動産担保ローンは、文字通り、土地、マンション、ビル、店舗、工場、戸建てなどの不動産を担保に資金を調達する資金調達方法のことを言います。無担保のビジネスローンと比較すると担保がある分、「高額な借り入れが可能」「数十年単位の長期間の借り入れが可能」「審査が通りやすい」というメリットがあります。ただし、返済できなければ担保である不動産を失ってしまうというデメリットもあるので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

資金調達のコンサルティング、資金調達のサポート事業を行っています。銀行融資から、担保融資、ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングまで、様々な資金調達方法を紹介し、資金繰りの改善をお手伝いしています。実際に私が経営している会社でも、様々な方法で資金調達を実現させました。