【保存版】資金調達(キャッシング)ができる法人カード人気ランキング10選

man
「キャッシングができる法人カードを教えてほしい。」
「キャッシングができるおすすめの法人カードはどれでしょうか?」
・・・

今回は、これらの質問に答えるために資金調達(キャッシング)ができる法人カードをランキング形式で紹介していきます。

資金調達(キャッシング)ができる法人カード人気ランキングのランキング基準

資金調達(キャッシング)ができる法人カード人気ランキングのランキング基準

キャッシングで法人カードを順位するときに重要視すべきなのは

  1. 法人格でキャッシングができるのか?
  2. 最大でいくらまで借りられるのか?
  3. キャッシングの利率(キャッシング金利)
  4. 年会費
  5. 審査の通りやすさ

の5点です。

個別に解説すると

法人格でキャッシングができるのか?

個人事業主向けの法人カードはキャッシング利用できるのが一般的なのですが、法人向けの法人カードの場合はキャッシングできるものが少ないのです。多くの法人カードは、法人のキャッシング利用を不可にしています。

法人でキャッシングできることが前提条件となります。

最大でいくらまで借りられるのか?

キャッシングの限度額は、審査によって決定されます。最大額がキャッシング限度額になるわけではありません。

しかしながら、キャッシング限度額の最大値が大きい法人カードの方が、審査によって決まるキャッシング限度額も大きくなる傾向が高いのです。

キャッシングの利率(キャッシング金利)の低さ

キャッシング金利は、そのまま借り入れの金利になります。キャッシング金利が低金利の法人カードを選ぶ方が返済の利息負担は小さくなります。

年会費の安さ

年会費は、直接的なコストになるので安い方が良いのですが、傾向としては

  • 年会費が高い法人カードの方がキャッシングできる金額が大きい
  • 年会費が高い法人カードの方が審査が通りやすい

という傾向があるため、それほど重要度の高い項目ではありません。

審査の通りやすさ

どんなにキャッシング条件が良くても、審査に通らないのでは元も子もありません。審査に不安がある方は、通りやすい法人カードを選ぶ必要があります。

資金調達(キャッシング)ができる法人カード人気ランキング

資金調達(キャッシング)ができる法人カード人気ランキング

1位.EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)

  • 法人キャッシング利用:不可(同じオリコが提供する証書貸付を利用可能)
  • キャッシング限度額(融資可能額):最大1,000万円
  • 融資金利:実質年率8.4%~15.0%
  • 優遇時の融資金利(新規限定):実質年率7.2%~13.2%
  • 年会費:初年度無料、2,000円(税別)
  • 審査の通りやすさ:やや通りやすい

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)の特徴

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)は、株式会社オリエントコーポレーションが発行している法人ゴールドカードです。

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)の法人カード自体では、法人の「キャッシング利用が不可」となっていますが、EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)の会員であれば、株式会社オリエントコーポレーションが提供している「証書貸付「ビジネスサポートプラン」」が優遇金利で利用できるようになります。

証書貸付「ビジネスサポートプラン」は、株式会社オリエントコーポレーションの取引先向けのビジネスローンですので、EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)をお持ちの方は利用対象となるのです。

証書貸付「ビジネスサポートプラン」
  • 融資可能額:最大1000万円
  • 融資金利:実質年率8.4%~15.0%
  • 優遇時の融資金利(新規限定):実質年率7.2%~13.2%

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)自体は、キャッシングは利用できないものの、証書貸付「ビジネスサポートプラン」を使えば高額な限度額かつ低金利で借り入れができることになります。

また、株式会社オリエントコーポレーションは、法人カードの審査が通りやすいクレジットカード会社として定評があります。ただし、証書貸付「ビジネスサポートプラン」は別の商品なので、別途ビジネスローンの審査が発生します。

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)の資金調達(キャッシング)利用のメリット

  • 取引先限定のビジネスローンが利用できるようになる
  • キャッシング限度額が最大1000万円
  • 年会費初年度無料、次年度以降も年会費2,000円(税別)と安い
  • 金利優遇があるため、借入金利も低金利

EX Gold for Biz M(エグゼクティブ ゴールド フォー ビズ エム)の資金調達(キャッシング)利用のデメリット

  • 法人カード自体はキャッシング不可なので、別途ビジネスローンの審査が発生する
国際ブランドVISA,Mastercard
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)2,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.10%
ポイント倍増方法●クラステージ
200万円利用・翌年:2倍
●法人カード
翌年:+20%

2位.オリコビジネスカードGold(ゴールド)

  • 法人キャッシング利用:不可(同じオリコが提供する証書貸付を利用可能)
  • キャッシング限度額(融資可能額):最大1,000万円
  • 融資金利:実質年率8.4%~15.0%
  • 優遇時の融資金利(新規限定):実質年率7.2%~13.2%
  • 年会費:初年度無料、2,000円(税別)
  • 審査の通りやすさ:やや通りやすい

オリコビジネスカードGold(ゴールド)

オリコビジネスカードGold(ゴールド)は、株式会社オリエントコーポレーションが発行している法人ゴールドカードです。

オリコビジネスカードGold(ゴールド)を発行することで、証書貸付「ビジネスサポートプラン」を利用することができます。

証書貸付「ビジネスサポートプラン」
  • 融資可能額:最大1000万円
  • 融資金利:実質年率8.4%~15.0%
  • 優遇時の融資金利(新規限定):実質年率7.2%~13.2%

オリコビジネスカードGold(ゴールド)自体は、キャッシングは利用できないものの、証書貸付「ビジネスサポートプラン」を使えば高額な限度額かつ低金利で借り入れができることになります。

また、株式会社オリエントコーポレーションは、法人カードの審査が通りやすいクレジットカード会社として定評があります。ただし、証書貸付「ビジネスサポートプラン」は別の商品なので、別途ビジネスローンの審査が発生します。

オリコビジネスカードGold(ゴールド)の資金調達(キャッシング)利用のメリット

  • 取引先限定のビジネスローンが利用できるようになる
  • キャッシング限度額が最大1000万円
  • 年会費初年度無料、次年度以降も年会費2,000円(税別)と安い
  • 金利優遇があるため、借入金利も低金利

オリコビジネスカードGold(ゴールド)の資金調達(キャッシング)利用のデメリット

  • 法人カード自体はキャッシング不可なので、別途ビジネスローンの審査が発生する
国際ブランドMastercard
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)2,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.00%
ポイント還元率/上限0.00%
ポイント倍増方法-

3位.ラグジュアリーカード/Mastercard Titanium Card

  • 法人キャッシング利用:可能
  • キャッシング限度額(融資可能額):最大100万円
  • キャッシング利率:12.00%
  • 年会費:50,000円(税別)
  • 審査の通りやすさ:通りやすい

ラグジュアリーカード/Mastercard Titanium Cardの特徴

ラグジュアリーカードは、Black Card LLC(Black Card I株式会社)が発行している富裕層向けの法人カード「ラグジュアリーカード」の中で、最も価格帯が安い法人カードです。それでも、年会費は5万円(税別)の設定となります。

年会費は高めの設定ですが、キャッシング枠は最大100万円でキャッシング利率も、12.0%で固定されているため、比較的、キャッシング利用しやすい法人カードとなっています。

「エグゼクティブ向けのクレジットカードなら審査が通りにくいのでは?」

と思う方も多いと思いますが、年会費が高い外資系のクレジットカードは、日本の一般カードよりも、審査は通りやすくなっています。年会費が高い分、貸し倒れリスクを許容できるという考え方なのです。

ブラックカード、ゴールドカードと上位のカードもありますが、キャッシング条件は同じですので、一番年会費負担が小さいチタンカードをおすすめします。

ラグジュアリーカード/Mastercard Titanium Cardの資金調達(キャッシング)利用のメリット

  • 法人のキャッシング利用可
  • キャッシング限度額が最大100万円
  • キャッシング利率(キャッシング金利)が12.0%と低金利設定

ラグジュアリーカード/Mastercard Titanium Cardの資金調達(キャッシング)利用のデメリット

  • 年会費が5万円(税別)と高い
"
国際ブランドMastercard
初年度年会費(税別)50,000円
2年目~年会費(税別)50,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●ポイント倍増
年間100万円以上のご利用:1.5倍

●海外利用
ポイント:2倍

4位.P-one Business MasterCard

  • 法人キャッシング利用:可能
  • キャッシング限度額(融資可能額):最大300万円
  • キャッシング利率:12.00%~17.95%
  • 年会費:初年度無料、2,000円(税別)
  • 審査の通りやすさ:通りやすい

P-one Business MasterCardの特徴

P-one Business MasterCardは、ポケットカードが発行している法人ゴールドカードです。法人向けにキャッシングできる法人カードの中では、キャッシング枠が300万円と大きいことと、審査のハードルが低いため、使いやすい法人カードとなっています。

P-one Business MasterCardの資金調達(キャッシング)利用のメリット

  • 法人のキャッシング利用可
  • キャッシング限度額が最大300万円
  • 年会費初年度無料、次年度以降も年会費2,000円(税別)と安い

P-one Business MasterCardの資金調達(キャッシング)利用のデメリット

  • キャッシング利率(キャッシング金利)は高めの設定
国際ブランドMastercard
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)2,000円
年会費優遇条件カードの利用があれば翌年度も年会費無料
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法-

5位.ダイナースクラブビジネスカード

  • 法人キャッシング利用:可能
  • キャッシング限度額(融資可能額):最大300万円
  • キャッシング利率:15.00%~20.00%
  • 年会費:27,000円(税別)
  • 審査の通りやすさ:通りやすい

ダイナースクラブビジネスカードの特徴

ダイナースクラブビジネスカードは、三井住友信託銀行グループの三井住友トラストクラブ株式会社が発行しているダイナースブランドの法人カードです。

外資系カードなので、年会費は高いのですが、反面、審査が通りやすく、キャッシング利用もできる法人カードです。

ダイナースクラブビジネスカードのキャッシング利用では「最大300万円」と大きくのですが、「キャッシング利率(キャッシング金利)15.0%」と決して好条件ではありません。

ダイナースクラブビジネスカードの資金調達(キャッシング)利用のメリット

  • 法人のキャッシング利用可
  • キャッシング限度額が最大300万円

ダイナースクラブビジネスカードの資金調達(キャッシング)利用のデメリット

  • キャッシング利率(キャッシング金利)は高めの設定
  • 年会費が27,000円(税別)と高い
国際ブランドDiners
初年度年会費(税別)27,000円
2年目~年会費(税別)27,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.40%
ポイント還元率/上限0.80%
ポイント倍増方法●ポイントアップ加盟店
ホテル:2倍
レストラン:2倍
ショップ:2倍

6位.三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カード

  • 法人キャッシング利用:可能
  • キャッシング限度額(融資可能額):最大50万円
  • キャッシング利率:15.00%
  • 年会費:1,250円(税別)
  • 審査の通りやすさ:通りにくい

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カードの特徴

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カードは、三井住友カード株式会社が発行しているVISAブランドの法人カードです。

法人のキャッシング利用ができますが、キャッシング限度額が最大50万円、キャッシング率(キャッシング金利)が15.0%と決してキャッシング条件の良い法人カードではありません。

また、三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カードは、プロパーカードの法人カードですので、審査も厳しく、審査落ちの可能性も高い法人カードとなっています。

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カードの資金調達(キャッシング)利用のメリット

  • 法人のキャッシング利用可

三井住友ビジネスカード for Owners/クラシック(一般)カードの資金調達(キャッシング)利用のデメリット

  • キャッシング限度額が最大50万円と少額
  • キャッシング利率(キャッシング金利)は高めの設定
  • 審査が厳しい
国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)1,250円
年会費優遇条件「マイ・ペイすリボ」申込と1回以上の利用で翌年度年会費無料
カードご利用代金WEB明細書サービス利用で条件達成で翌年度年会費500円割引
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限9.00%
ポイント倍増方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍

7位.ラグジュアリーカード/Mastercard Black Card

  • 法人キャッシング利用:可能
  • キャッシング限度額(融資可能額):最大100万円
  • キャッシング利率:12.00%
  • 年会費:100,000円(税別)
  • 審査の通りやすさ:通りやすい
国際ブランドMastercard
初年度年会費(税別)100,000円
2年目~年会費(税別)100,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.00%
ポイント倍増方法●ポイント倍増
年間150万円以上のご利用:2倍

●海外利用
ポイント:2倍

8位.ラグジュアリーカード/Mastercard Gold Card

  • 法人キャッシング利用:可能
  • キャッシング限度額(融資可能額):最大100万円
  • キャッシング利率:12.00%
  • 年会費:100,000円(税別)
  • 審査の通りやすさ:通りやすい
国際ブランドMastercard
初年度年会費(税別)200,000円
2年目~年会費(税別)200,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限1.50%
ポイント倍増方法●ポイント倍増
年間200万円以上のご利用:3倍

●海外利用
ポイント:2倍

9位.三井住友ビジネスカード for Owners/ゴールドカード

  • 法人キャッシング利用:可能
  • キャッシング限度額(融資可能額):最大50万円
  • キャッシング利率:15.00%
  • 年会費:10,000円(税別)
  • 審査の通りやすさ:通りにくい
国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)0円
2年目~年会費(税別)10,000円
年会費優遇条件「マイ・ペイすリボ」申込と1回以上の利用で翌年度年会費半額
カードご利用代金WEB明細書サービス利用で条件達成で翌年度年会費1,000円割引
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限9.00%
ポイント倍増方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍

10位.三井住友ビジネスカード for Owners/プラチナカード

  • 法人キャッシング利用:可能
  • キャッシング限度額(融資可能額):最大50万円
  • キャッシング利率:15.00%
  • 年会費:50,000円(税別)
  • 審査の通りやすさ:通りにくい
国際ブランドVISA
初年度年会費(税別)50,000円
2年目~年会費(税別)50,000円
年会費優遇条件-
ポイント還元率/基本0.50%
ポイント還元率/上限9.00%
ポイント倍増方法●ココイコ!
カラオケの鉄人:18倍
紳士服の青山:6倍
Victoria:4倍
百貨店:3倍
レストラン:2倍

注目の資金調達方法

資金調達

資金調達方法には何がある?資金調達方法31種類のメリットデメリット

資金調達方法の種類を徹底網羅して解説しています。資金調達方法は、思っている以上に多くの種類があり、資金調達方法ごとにメリットデメリットが存在します。中小企業であっても、使える資金調達方法は多くあるので、まずは「どのような資金調達方法があるのか?」把握することをおすすめします。資金調達の選択肢を知ったうえで、メリットデメリットを確認し、自社の状況に合わせた資金調達方法を選びましょう。

銀行融資

銀行融資のすべて。銀行融資を成功に導く申込方法・融資の引き出し方・交渉方法と銀行融資審査

銀行融資は、資金調達の基本中の基本です。そのわりに「銀行からどうやって融資を引き出すのか?」「銀行融資の審査は何を審査しているのか?」「銀行の融資担当者と交渉するときはどうすれば良いのか?」正確に理解している中小企業の経営者はほとんどいないのが現状です。銀行を味方につけることで、企業の資金繰りは何倍も楽になり、会社規模を成長させることができるのです。

ビジネスローン

ビジネスローンを活用した資金調達方法のすべて/130社比較・即日融資・無担保・審査

ビジネスローンは、以前は銀行ビジネスローンが主流でしたが、銀行は貸し倒れの増加に伴いビジネスローンの提供に対してかなり消極的になっています。現時点ではビジネスローンは、大手消費者金融が提供するローンサービスであり、銀行融資よりも、「審査が甘い」「即日融資が可能」という点で中小企業の経営者に重宝される資金調達方法となっています。金利が高いなどのデメリットもあるため、短期の資金繰りを乗り切るための選択肢として考えましょう。

ファクタリング

ファクタリングとは?融資審査に通らない方のための資金調達方法

ファクタリングは、売掛債権を譲渡することで早期に資金化する資金調達方法のことを言います。ファクタリングの場合は、審査対象が資金が必要な会社ではなく、売掛先になります。そのため、銀行融資やビジネスローンよりも、売掛先の信用力が高ければ審査に通りやすいメリットがあります。その上、ファクタリングは「債権の譲渡」でしかないため「借入」として決算書に掲載されないので、今後の銀行取引にもマイナスの影響がありません。

不動産担保ローン

不動産担保ローンを活用した資金調達方法のすべて。審査や金利、借り換え方法を比較

不動産担保ローンは、文字通り、土地、マンション、ビル、店舗、工場、戸建てなどの不動産を担保に資金を調達する資金調達方法のことを言います。無担保のビジネスローンと比較すると担保がある分、「高額な借り入れが可能」「数十年単位の長期間の借り入れが可能」「審査が通りやすい」というメリットがあります。ただし、返済できなければ担保である不動産を失ってしまうというデメリットもあるので注意が必要です。


資金調達「無料診断」/10秒簡単登録

返済不要の助成金獲得/無料診断

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

たく先生

資金調達のコンサルティング、資金調達のサポート事業を行っています。銀行融資から、担保融資、ビジネスローン、不動産担保ローン、ファクタリングまで、様々な資金調達方法を紹介し、資金繰りの改善をお手伝いしています。実際に私が経営している会社でも、様々な方法で資金調達を実現させました。