銀行の融資の金利の決め方。金利交渉の余地はあるのか?

銀行の融資で資金調達する際には、一体どのくらいの金利が適用されるのか?わかりません。今回は銀行の融資の金利の決め方について解説します。

銀行融資の金利は2種類の決め方がある

1.自動的に決まるパターン

公的融資の場合

  • 地方公共団体の制度融資
  • 国民生活金融公庫
  • 中小企業金融公庫
    ・・・

などの公的融資の場合は固定金利が採用されているため、あらかじめ「○○%」という金利が決まっています。

固定金利ですから、交渉しようが何をしようが、金利は決まっているのです。交渉の余地はありません。

ビジネスローンの場合

ビジネスローンは申込情報、信用情報、決算書の情報をスコアリングシステムに入力すると、過去の膨大な融資データから、想定される貸し倒れ率が計算され、それに銀行のスプレッド(利益)を載せて、融資金利が決まります。

ビジネスローンは企業の信用力によって、適用金利が異なるものの、自動的にスコアリングシステムで算出されるものであり、交渉の余地はないのです。

  • その金利で納得 → ビジネスローンで資金調達する
  • その金利が不満 → ビジネスローンは断る

だけです。

2.交渉により決まるパターン

銀行融資の場合

  • 銀行のプロパー融資
  • 信用保証協会の一般保証の融資
    ・・・

の場合は、銀行の融資担当者の企業が交渉したうえで金利が決定します。当然、限度、幅はあるものの交渉によって、融資金利を引き下げることができるのです。

洋服に例えるなら

  • ビジネスローンは規制品
  • 銀行のプロパー融資はオーダーメイド

ですので、オーダーメイドの方が融通が利くのです。

金利交渉ってどうやってやるの?

  • 銀行 → できるだけ高い金利で利息収入を得たい
  • 企業 → できるだけ低い金利で資金調達をしたい

という状況で、これだけだと交渉は成り立たないのですが

同時に銀行には「貸出を増やさなければいけない」というミッションもあります。ライバル銀行に融資を奪われるのも、嫌なのです。

だとすれば

  • どれだけ売上・利益が伸びているかを説明する
  • どれだけ返済実績があるかを説明する
  • 競合の銀行と交渉してそのときの金利を材料にする
  • 担保や保証人を追加する
  • 返済期間を短くする(毎月の返済額を上げる)
    ・・・

色々な方法によって、金利の交渉ができるのです。

通常のビジネスの交渉となんらかわりはないのです。

銀行との交渉力を引き上げるポイント

色々な銀行の担当者と商談の場を設けることです。

面倒くさいからといって、ずっと同じ銀行、ずっと同じ担当者では、比較する相手がいないのですから、交渉力は一向に上がりません。

A銀行、B銀行、C銀行、D銀行で、さらに担当者や支店長など担当ごとに打ち合わせをしていれば、おのずと

  • 「銀行は融資に対して何を重視しているのか?」
  • 「うちの会社に融資する金利はどのくらいが相場なのか?」
  • 「どういう交渉トークがささるのか?」
    ・・・

がクリアになってくるはずです。何事も、比較することで交渉のとっかかりを見つけることができるのです。

まとめ

資金調達の方法に応じて「金利交渉の余地があるのか?」「金利交渉の余地がないのか?」が決まってきます。

  • 金利交渉の余地があるのに交渉しない
  • 金利交渉の余地がないのに交渉する

どちらも、非常に無駄なことです。とくに金利交渉の余地があるのに交渉しないのは、どれだけ利息
を多く支払うことになるのかわかりません。

選んだ資金調達方法が金利交渉の余地があるのか?ないのか?を理解したうえで、それに応じた対応を取りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です