銀行融資の種類「当座貸越」とは?

bank128_128銀行融資による資金調達では銀行融資の種類についても把握しておく必要があります。今回は銀行融資の種類「当座貸越」について解説します。

「当座貸越」とは?

「当座貸越」とは

一定の限度額(極度額)までは自由に借りたり、返したり、することができる融資方法のこと

を意味します。

個人向けのカードローンなども同じ仕組みになっていますが、限度額(極度額)が設定されて、その範囲内で自由に借りたり、返したりたりができるサービスになります。

これの融資バージョンが「当座貸越」です。

「当座貸越」の特徴

自由度が高い融資なので借りる企業にとっては便利な資金調達方法

通常の銀行融資であれば、資金が必要になった際には、都度審査が発生します。

しかし、「当座貸越」であれば限度額(極度額)の範囲内で自由に資金の出し入れが可能になるため

  • 急に大口の売上が立って高額な資金需要が発生した。
  • 外部環境の大きな変化による著しい売上減が発生した。
    ・・・

というような緊急事態でも慌てることなく、すぐに資金調達が可能になるのです。都度審査も必要ありません。

借りる企業にとっては「当座貸越」は非常に便利に使える資金調達方法なのです。

「当座貸越」は審査が厳しい

借りる企業にとって便利ということは、融資をする銀行にとってはリスクが大きいことを意味します。

極端に言えば、都度審査がないということは

  • 資金使途もわからず
  • 期限なしで借りっぱなしになる可能性もある

状態なのです。

貸し倒れリスクが高いということは、それだけ融資審査が厳しくなるということを意味します。

  • 不動産担保が十分にある企業
  • 流動資産が十分にある企業
  • 経営状態が超優良企業
    ・・・

などに利用できる企業は限られてしまうのです。

ATMで借入可能!?

「当座貸越」で資金調達する方法には

  1. 銀行に借入申込書を提出する方法
  2. 専用のキャッシュカードでATMから引き出す方法

の2つがあります。キャッシュカードの方が利便性は高くなります。

「当座貸越」で銀行融資を受ける際の注意点

「当座貸越」は2種類ある

当座貸越は

  1. 専用当座貸越
  2. 一般当座貸越

の2種類があります。

「専用当座貸越」は独立した「当座貸越」になり、当座預金とは関係なく、利用することができます。

一方で「一般当座貸越」は「当座預金」と連動して貸越額が決まるものです。

一般当座貸越の場合

  • 当座貸越の極度額:2500万円
  • 当座預金残高:300万円

で1000万円の融資を受けようとしたら、自動的に当座預金残高が0円になり、残りの700万円分が当座貸越分で借りることになります。

当座預金残高と連動しない → 専用当座貸越
当座預金残高と連動する  → 一般当座貸越

です。

基本的には当座預金を利用している企業が、一般当座貸越を利用する方が銀行の融資審査は通りやすくなります。

まとめ

「当座貸越」は一番審査が厳しい銀行の融資方法と言えます。

審査が厳しいため、中小企業の資金調達方法としては利用しにくいものとなってしまいます。中小企業の場合は、「当座貸越」と同じような仕組みで資金調達をするとなると、金利は高いものの審査が通りやすい「ビジネスローン」が選択肢になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です