売掛債権担保ローン・売掛債権担保融資とは

note128_128売掛債権担保ローン・売掛債権担保融資とはどのような資金調達方法になるのでしょうか?

売掛債権担保ローン・売掛債権担保融資とは

売掛債権を担保として融資を受ける資金調達方法のこと

を意味します。

売掛債権担保ローン・売掛債権担保融資の仕組み

urikakesaikentanpoloan_shikumi

売掛債権担保ローン・売掛債権担保融資の特徴

売掛債権が担保なので債権譲渡登記が必要

売掛債権を担保にして資金調達をするのが売掛債権担保ローン・売掛債権担保融資ですので、売掛債権は融資をする金融機関の債権譲渡登記が行われます。

債権譲渡登記があれば、不動産登記の抵当権と同じように、ローンの返済が予定通りに行われない場合に売掛債権の所有権が金融機関側に移行することになります。

返済が滞ってしまった場合、金融機関は売掛債権売却して融資の回収を行うのです。

売掛先への通知及び売掛先の承諾は必要なし

よく売掛債権の売却による資金調達であるファクタリングと比較されるのですが、三社間ファクタリングの場合、売掛債権を譲渡するとその通知を売掛先に行わなければなりません。

しかし、売掛先、つまり取引先・クライアントに「売掛債権を譲渡します。」という通知を行うということは、その会社資金繰りが苦しいということを表明しているようなものですので、この後の取引の継続に支障をきたす可能性があります。

売掛債権担保ローン・売掛債権担保融資の場合には、売掛先への通知及び売掛先の承諾は必要がないという特徴があります。

ビジネスローンなど無担保融資と比較して金利は低金利

売掛債権担保ローン・売掛債権担保融資は担保があるので、無担保のビジネスローンと比較すると金利は低金利になっています。

ただし、金利に関しては売掛債権の評価によって変動します。

売掛債権の金額に応じて、資金調達できる金額がかわる

売掛債権担保ローン・売掛債権担保融資は担保を元にした融資になるので

  • 売掛債権の金額が多い  → 借入可能額が大きい
  • 売掛債権の金額が少ない → 借入可能額が小さい

という関係になります。担保額が大きければ数億円単位での融資も可能になります。

小口の売掛債権がある場合には、複数の売掛債権をまとめて評価してもらうことも可能になっています。

融資までにある程度の時間がかかる

無担保のビジネスローンなどは即日融資も可能ですが、売掛債権担保ローン・売掛債権担保融資は即日融資ができるところはほとんどありません。

理由としては、売掛債権の担保評価をしなければならないからです。この手順がある分、時間がかかるのです。

個人事業主は利用できない

売掛債権担保ローン・売掛債権担保融資の場合は「債権譲渡登記」が必要になります。

債権譲渡登記は法人しか利用できないため、必然的に売掛債権担保ローン・売掛債権担保融資も法人しか利用できず、個人事業主は利用できません。

ある程度売上の大きい企業が利用する資金調達方法と言えます。例えば、東京スター銀行の場合、年商5億円以上の企業が対象になっています。

融資実行までの流れ

1.融資の申し込み

  • 会社概要
  • 財務諸表
  • 資産の状況説明書
    など

2.金融機関による審査

  • 売掛先の評価
  • 信用情報のチェック
    など

3.売掛債権の担保価値評価

  • 取引先との契約書類の確認
  • 場合によっては外部の調査会社による調査
    など

4.融資契約

5.債権譲渡登記

6.融資実行

売掛債権担保ローン・売掛債権担保融資の契約形態

  1. 2社間で契約する形態
  2. 複数の融資先が共同で融資する形態
  3. 信用保証協会による保証を利用する形態

などがあります。

売掛債権担保ローン・売掛債権担保融資の債権譲渡登記による法律条項

借り手貸し手備考
所有権売掛債権の譲渡契約による
占有売掛金の回収が可能
帳簿上の資産計上会計上、税務上の所有者。保有・維持に必要な諸経費も借り手負担

まとめ

売掛債権担保ローン・売掛債権担保融資は売掛債権を担保とした資金調達方法で、比較的規模の大きい会社、売掛債権額が大きい(売上が大きい)会社が利用する資金調達方法です。

融資期間は1年程度と短く、つなぎ資金の借入などに利用されるケースが多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です