銀行融資の申込方法。銀行融資を書面で申込むべき理由

up128_128銀行融資を申込むときはどのようにして申し込めばよいのでしょうか?今回は銀行融資の申込方法について解説します。

銀行融資の窓口

銀行は法人口座を開設している企業に対して、担当者をつける形を取ります。

  • 銀行の担当者がついている場合 → 担当者が窓口
  • 銀行の担当者がいない場合 → 銀行の融資係が窓口

となります。

法人口座がなくても、融資の依頼をすることは可能ですが、法人口座などを開設して銀行との接点を作っておいた方が融資審査は通りやすくなります。

銀行融資の審査を通すには「日頃の銀行活用」が重要

銀行融資の申込方法

  • 信用保証協会の保証付き融資
  • ビジネスローン
    → 定型の申込書を銀行の窓口から入手して、記入したうえで申込書を提出します。
  • プロパー融資
    → 定型の申込書がないので、窓口に「申込みの意向」を伝達します。

プロパー融資でも書面で申込内容を提出すべき

銀行は基本的には民間企業ですが、お役所的な体質の側面もあります。

融資審査もそうですが、銀行の業務のほとんどは書面によって行われます。また、同時に書面があるのに手続きが進まなければ担当者の責任になるのです。

ということは

銀行の担当者に

「プロパー融資をお願いしたいんだけど、申込んでおいてよ。」

と言うだけでは後回しにされてしまうリスクがあるのです。言った言わないという押し問答になる可能性もあります。

だからこそ、申込書のないプロパー融資の申込みに対しても、書面で申込み意向を伝えるべきなのです。

書面で提出すれば

  • 担当者も後回しにできない
  • 口頭での言い間違い、認識のずれが起こらない
  • ヒアリング情報などのやりとりで時間をロスしない

というメリットがあるのです。

申込書面で記載すべき事項

  • 申込日
  • 希望借入金額
  • 希望融資実行日
  • 希望返済期間
  • 希望返済方法
  • 資金使途
  • 連絡先

を記載して、提出しましょう。

同時に必要書類として

  • 決算書(3期分)
  • 試算表
  • 納税証明書
  • 会社概要
  • 資金繰り表

などを添付しておけば、完璧です。

はじめから、ここまで用意して申込むことで、銀行担当者が稟議を作成するのにかかる時間も短縮できるため、結果融資審査のスピードが早くなります。

書面で出されてしまえば、担当者も後回しにすることがでいません。放置してしまうと、自分の責任問題になってしまいます。口頭で言うよりも、後回しにされないために書面での申込意向の伝達は効果があるのです。

銀行の担当者は、提出された書類を元に稟議書を作成します。

稟議書には

  • 融資実行の検討事項
  • 融資実行の可否
  • 融資実行時の条件(金利、返済期間、融資額など)

などが記載されます。

この稟議書が回覧され、最終的には支店長決裁、規模が大きいものは銀行本店の融資部の部長が決裁するのです。

ですから、

「銀行の担当者が稟議書を作りやすい状態にしておく」ことを申込み時に心がけることで、融資審査のスピードも早くなりますし、審査にも通りやすくなるのです。

自社のアピールポイントも伝えるべき

前述した申込書や必要書類に加えて

  • 自社のアピールポイント「確実に返済ができる理由」

を簡単にまとめておくと良いでしょう。

アピールポイントでは「返済の確実性」を具体的に強調すべきです。

  • 他の企業よりも○○が優れている

というような漠然としたアピールよりも

  • 顧客数が年10%で上昇し続けている

というような具体性があり、売上や利益が伸びていくことで「確実に長期の返済ができる」ということを伝える方が良いということです。

「返済の確実性」をアピールできる情報が担当者に正確に伝われば、担当者は「○○という実績があるため、貸し倒れリスクは少ないと判断できます。」的なことを稟議書に盛り込んでくれるのです。直接的に融資審査の通る可能性を引き上げられるのです。

まとめ

銀行融資の審査は申込時点からはじまっているのです。

銀行融資の内部の進み方を理解して、担当者が稟議書を作りやすいサポートをすることで、審査通過の可能性は高まるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です