銀行融資の審査スピードを上げる方法

road128_128「すぐに資金調達をしなければ資金繰りがまわらない」というケースもあるかと思います。銀行融資はビジネスローンなどと違って、最短即日融資ということはできず、審査に時間がかかってしまうのですが、銀行融資の審査スピードを上げる方法があるのです。今回は銀行融資の融資までのスピードを早める方法を解説します。

銀行員にもプレッシャーをかける必要がある

これは銀行融資に限った話ではなく、ビジネスシーンでは往々にしてあることなのですが

「うるさく言ってこない顧客は後回しにする。」

です。

どんなビジネスマンでも、複数の顧客や業務を抱えて仕事をしています。優先順位をつけて仕事をしているのです。

優先順位の順番は人によって異なりますが、概ね

  • クレームを言ってくる会社の案件
  • 売上が大きい案件
  • 締め切りがある案件

ではないでしょうか?

これは銀行員でも、全く同じなのです。

銀行員は融資に関する稟議申請の書類を担当者が作成して、作成した稟議書をベースにして支店で融資審査が行われるのです。支店長の決済範囲を超える融資案件の場合は、融資本部に審査が委ねられるのです。

当然、融資審査のもととなる稟議書を担当者が作成することになるのですが、情報が不十分であれば担当者が上司に「どうなっているんだ?」「その情報がなければ判断できないだろう。」と指摘されてしまいます。

そのため、銀行の担当者は稟議書の作成が非常に重要なタスクとなるのです。

当然、いくつも稟議書を作成しなければならない案件が貯まっていれば「この顧客は融資額も少ないし、後回しにしておこう。」とされるのが当たり前なのです。この顧客に聞かれたとしても「融資審査を鋭意進めている最中です。」と回答しておけばいいかと思われてしまっているのです。

だとすれば、融資を依頼している側としても

「先日申込みした融資の件はその後どのような状況でしょうか?」

と、何度も確認するという方法があります。

「うっとおしいと思われてしまうのでは。」と不安に感じる方もいますでしょうが、何も言わない会社とうるさく言ってくる会社があれば、うるさく言ってくる会社を優先させるのが普通なのです。

2日おきぐらいであれば確認したとしても、そこまでうっとおしいと思われることはないでしょう。あくまでも下から聞くことが重要です。

嫌われすぎないように、あくまでも下から丁寧に話すように心がけましょう。

借入申込書に返答期日を記入する

通常、銀行に融資を申込むときには借入申込書を記載することになります。

銀行員の担当者は前述した状況にあるため

  • 締め切りがある案件

は優先的に処理してくれるのです。

借入申込書の備考欄に

「○月○日までにご返答をお願いします。」

と書いておくだけで良いのです。

今日の明日というような無茶な日程設定でない限りは、できるだけ締め切り内に返答してもらえる可能性が高いのです。口頭であれば、その理由も含めて話しておくとより効果は大きいはずです。

銀行融資の場合であれば2週間あれば通常は融資審査をするために十分な期間です。2週間ぐらいをめどに回答日を設定することをおすすめします。

まとめ

銀行融資の審査回答を早く受けるためには

  1. 銀行員に確認の連絡を下手に出ながら頻繁に行うこと
  2. 返答期日を明確にして、書面にも残しておくこと

の2点が重要です。

ただ、待っているだけでは中小企業の融資審査は後回しにされてしまっている可能性があると考えなければならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です